祝日に考える 「ブレインストーミングのポイント」

今回は少し軽めのテーマでブレインストーミングのコツをお伝えします。軽めと言いましたが、実はブレインストーミングを上手く行うのは意外と難しいものです。皆さんは以下の問いにどう答えますか?
  • ブレインストーミングを行った事があるか?        YES / NO
  • ブレインストーミングから期待した成果を得られたか?   YES / NO
多くの方が一つ目の問いにはYES、二つ目の問いにはNOと答えるのでは無いでしょうか。やっては見たものの、上手く成果に結び付けられない。その原因は以下の二つです。
  • ブレインストーミングのテーマ設定・共有が不十分
  • ブレインストーミングから得られる成果を誤解している


ブレインストーミングのツールとしてはいろいろ有名なものがあります。せっかくなので、ここでおさらいしておきましょう。


先ずはオズボーンのチェックリスト。

    1. Other uses/別用途
    2. Adapt/適合
    3. Modify/変更
    4. Magnify/拡大
    5. Minify/縮小
    6. Substitute/代用
    7. Rearrange/再配列
    8. Reverse/逆転
    9. Combine/結合

そして、これを改変したSCAMPER法
    1. Substitute(入れ替えたら?)
    2. Combine(統合したら?)
    3. Adapt(応用したら?)
    4. Modify(修正したら?)
    5. Put to other uses(使い道を変えたら?)
    6. Eliminate(取り除いたら?)
    7. Rearrange/Reverse(並び替えたら?逆にしたら?)
更に原理原則として、
    • 結論に走らない、評価もしない
    • 笑われないかな~ぐらいのアイデアも歓迎する
    • 量より質を重視する
    • アイデアを結合される。自前に拘らない
さて、このチェックリスト、原理原則を見て何か気付くだろうか?
チェックリストは基本的にはアイデアを出す際の観点に過ぎない。違う用途に使えないか?例えば、女性用化粧品から男性用に展開できないか?というアイデアを引き出すためのものだ。また、原理原則はブレインストーミングの場の運営上気を付ける観点である。どちらも大事だが、ブレインストーミングの進め方と言って思い出されるのは、ここ止まりだろう。この状態でブレインストーミングを行うとどうなるか?ちょっと考えて見よう。
  • アイデアは出たけど、バラバラ過ぎて収集が付かない。
  • この後どうすれば良いのか?
  • そもそも何がやりたかったのか・・・
こうした事態に陥らない様にするためには、一つ目のポイントが重要になってくる。先ずはテーマをきちんと設定しよう。このテーマの抽象度はケースバイケースだが、適切かどうかの基準は参加者がそれについて考える事の意義を共有できているかどうかだ?素人を入れた方がアイデアの幅が拡がるので詳細を理解する必要は無いが、”考える事の意義”は十分に共有する必要がある。ここをしっかり行わないと参加者の力を発揮しきる事は出来ない。テーマを一旦はしっかり固定するが、その後は敢えて開放する。だから、いろいろな観点で考えられる様なチェックリスト、原理原則が重要になってくる。
二つ目のポイントは、ブレインストーミングから得られるのはアイデアに過ぎない、課題や解決策が直接得られる訳では無いという事だ。良くブレインストーミングの後に、「じゃぁ、この中からどれを選ぼうか?」となる場面があるが、これはアイデアに対して酷と言うものだ。アイデアは課題や解決策のかけら、生まれたばかりの赤ん坊に過ぎない。このかけら達を集めて、きちんとコンセプトまで組み上げれば成果につながる。アイデアを孤児にしない事が大切だ。
一つ目のポイントを押えれば、ブレインストーミングによるアイデアの質は改善される。
二つ目のポイントを押えれば、期待する成果を刈り取る事が出来る。
この二つのポイントを最初と最後に組み合わせたオリジナルの原理原則が以下だ。是非、活用してみて欲しい。
  1. テーマを共有する
    (ブレストと雑談を分ける最大のポイント)
  2. 結論ありきにしない
    (予定調和を防ぐ大原則)
  3. 素人考えを尊重する
    (発想を拡げる最強のブースター)
  4. 自前のアイデアに固執しない
    (自己のリミッターを外すための必須アイテム)
  5. アイデアを一人にしない、組合せてコンセプトにする
    (成果につなげる最重要ステップ)
アイデア出しの観点はいろいろある。二つのポイントを押さえた上で、好みやテーマに合せて手法を使い分けよう。
ちなみに、これでも上手く行かなかったら以下をチェックしてみて欲しい。実はここが問題だったりする事も多い。
  • 参加者が十分か(専門家~素人まで)
  • 時間が十分か(アイデアの蒸気が噴き出すまで、じっと待つ必要がある)
  • インプットが十分か(アウトプットの元はインプット、ゼロからは何も生まれない)
  • フォーカスが十分か(テーマが明確か、参加者は集中できているか)
Written by Tatsuya Yamada on 2013-03-19