「明日、ママがいない」を批判しないで女性の生き方を考えたい





「明日、ママがいない」というテレビ番組は、小学生にも注目されていたドラマのようです。それは、芦田愛菜ちゃんが出演する事、「ママがいない」の題名が子どもには黙って見過ごせない理由になっているらしいのです。ハリウッドデビューを果たし、彼女の女優魂は番組宣伝もあって朝の番組でも紹介されていて、大勢の人が撮影現場にいる中の監督の一声で愛菜ちゃんは悲しい顔をしてポロっと涙をこぼし、また監督の合図でケロっと演技を一つ終えた顔に戻る事は、小学生にも凄いと思わせるのに十分のよう。

 

 さて、このドラマは2回を終えたのですが批判が高まっているようです。スポンサー名を示さなくなっているそうです。お話は芦田愛菜ちゃんが演ずる赤ちゃんポストに捨てられた「ポスト」と、その児童養護施設に様々な理由で連れてこられる子ども、そして子どもを犬のように扱う施設側の何か訳ありは過去をもつ大人たちが登場します。子犬たち(子ども達)は、産みの親を忘れて新しい飼い主(家族)の所にいくよう(養子縁組を成立させるよう)に施設側に生活の中で迫られます。産みの母親と新しい母親候補の存在の間に子どもは様々な心の動きを感じます。

SSK_minatabokkowosururetoribar500.jpg


近年、女性は「女の生き方」を自らイノベートしていくことを感じ取っていると思う。私も同じように、「女性だから我慢する」ことはない生き方をしてきた。男女関係ない環境がフェアだと思っている。大学の時は日本人が通ったことのない黒人率96%の大学で黒人文化の授業を受けてみた。治安が悪いと言われる地域にある大学駐車場で小さいアウトドア用のナイフと防犯ブザーをポケットの中で握りしめてまで。(笑)新卒の就職先は工場が好きだった為にメキシコでメキシコ人1000人、日本人10人弱、その中女一人で働いた。結婚もした、そのまま子どもも産んで会社には大体2か月後復帰をした。出産後に復帰したいと言った私に会社の人事本部長は「子どもが可哀相だから、3年くらい子育てに専念した方がいい」と返答した。外資系の会社で当時では初の産後復帰した社員だったそうです。勝手に社内で自分を売り込んでCFOが直下で働く事を認めてくださった。夜は、子どもが寝てから仕事の途中を2時くらいまで続けた。子が風邪を引いたら、徹夜でも看病して翌日に保育園に預けられるように熱が下がるのを祈っていたのを覚えている。勿論、家族が助けてくれたお蔭は大きいと感謝している。

 

そうまでして本当に得たいものはなんだったのか?今になると考えるのですが、自分の選択した事で1つ、2つと過去に決めた事を失い、それを我慢することが嫌だったと思う。一つ妥協したら、どんどん色々なものを失うと思っていたと思う。専業主婦になってしまうと世界観が狭くなるのでは?と思っていた。今みたいに「女性管理職を育てよう」やダイバーシティへの意識も低かった。私も全く求めていなかった。「自分で切り開く」「認めてくれないのは、努力が足りない」と思い、「実をみせろ!」と社長に言われて成果を出して取締役手前の組織図まで上っていくことができた。同僚男性も女性扱いをしてくれるとか、手加減しているところはなく、むしろライバル心を感じた事もあり、男性によっては意外な女々しさをみてしまい、又「さすが、男気あるね」と喜べない失笑の言葉も多々ある。

 

政府調査の統計によると、未婚女性が理想とするライフコースは出産後の再就職を望む女性が全体の34%、次いで両立を望む人は27%、専業主婦を望む人は現在パートや派遣、労働を基本とする女性に多く21%だった。初めて知った言葉だったのですが、DINKSDouble Income No KidS)という夫婦共稼ぎで子どもを望まないライフコースが、結婚したくないという女性と同等で合わせて全体の9%あった。この数字は年次増加傾向にあるらしい。

 

女性の生き方は誰から影響を受けるのでしょうか?どんな環境が影響するのでしょうか?どうやって、生き方を築いていくのでしょうか?私の母は父を亡くし、ある意味不可抗力で専業主婦から一転してキャリアウーマンとなり兄姉を医師にして、15歳も年の差のある私にも力を変えることなく米国の大学で会計士になれる知識と語学力を与えてくれた。彼女は海外に支社まで作って飛び回り、今思うと時代が良かったとは言え、男性社会の中で凄い人だと思う。(今でもバイタリティにより、妖怪と家族に言われている)でも、私は母と同じキャリアウーマンを望んだわけではないのです。昔の夢は、専業主婦!!経済力のある優しい旦那様、或はりんご農家へお嫁に行くこと(笑)でした。上記政府調査の統計でも、母親のライフコース別に未婚女性が望むライフコースが集計されていますが、両立の母親から育った女性は、再就職や専業主婦を望んでいます。私の場合には、母からは他の専業主婦のお母様から感じる「ゆるり」とした感覚を持てず、甘えたり、自分のことをジックリ話す事が出来なかった記憶を思い出してしまい専業主婦に憧れたのかも?とも分析します。

 

私の子どもは、自分の年表を2年前に書いたことがあります。86歳の「ブラックホールに吸い込まれて家族に見守られながらご臨終」との書き出しから始まります。(家族の見守る位置がきになりますね。)「素敵な人と出会い結婚」は34歳でした。「子どもが生まれる」はその後数年続きます。「夢の職業につく-①スポーツ選手として②オペラの脚本家③検事か弁護士」が31歳。「大学院に行く」と28歳にあり、「大学にいく」のは18歳から22歳に間にありました。それまでは、スポーツ選手になれるように専念するようです。当時の年齢から18歳までは、夢の職業と➡で繋がれていて習い事ややっていかないとならない事が書かれています。彼女は両立型ライフコースのようですね。

 

私たち大人になった女性は、今後どういう風に生きていきたいのか。「明日、ママがいない」から感じ取れることが沢山あるのではないでしょうか。将来、どんな女性が世の中に増えて欲しいのか、考えてみることの切掛けになりませんか。今辛い人は何故そうなったのか。今、幸せで満足な人はどうやったら同じ女性を増やせるのか。母親が自分の子どもを養護施設に渡す事になる事情とはなんでしょうか。NPO法人の調べでは、全体の15%弱に親の虐待や酷使が一番の原因とあります。同じく、放任、怠慢が続きます。父または母の精神疾患が3位となっていました。10%以下の理由で、破産、経済的状況や親の就労がありました。5%以下の理由として、親の離婚、また不和、養育拒否、放棄とありました。1990年から2010年の20年間に虐待で養護施設に保護される子どもは50倍になったそうです。一方、厚生労働省の発表するデータでは、母子生活支援施設に関して、母一人子一人世帯が55%と一番多くあり、入所の理由は配偶者からの暴力で41%、母親の年齢は30代が50%、年収は300万以下が75%なのだそうです。

 

報道番組でも色々なドキュメンタリーが増えるでしょう。性犯罪に巻き込まれてしまった結果の出産、交際していた男性が妊娠発覚と同時に姿を消して一人で育てられない為に乳幼児を特別養子縁組で手放すこと。日本は中絶できるのに、妊娠に気づかなかった、或は勇気がなくて時期を超えてしまう女性がいます。もっと、もっと、女性同士がしっかりと社会にも身近な所でもお互いの人生をサポートできるアドバイスや、現状に留まらず笑顔たっぷりの人生のためにイノベートしていかないとならないのだと思います。

Written by miwa on 2014-01-24

スパイラルアップの魔法

Happy Merry Christmas !!

クリスマスは家族・恋人・友達と楽しく過ごすイベントという色が強いですが、1年の振返りのタイミングとしてもピッタリです。大晦日でバタバタする前に、少し1年を振返ってみましょう。この1年でどの位の階段を登ったでしょうか?今回は螺旋階段を登る、スパイラルアップの魔法をお伝えします。

物事はスパイラルアップで進化して行く。そう感じた事はありませんか?「同じ様な事が繰り返されている。でも、何処かが少し違っている。進化している。」という感じです。先ずはこのスパイラルアップの進化のモデルから説明します。
例えば、物の売買で考えてみましょう。昔は市場に買い物に行きました。そこには生産者と消費者が集まっていて直接交渉していました。卸と小売りが一体になっていた時代です。その内、小売業が発達してきました。更に何でも手に入る大規模ショップが出来てきました。わざわざ市場をに行かなくても、肉、魚、野菜と複数を回らなくても、一カ所で全てがそろう様になりました。
でも、こうなると自分が本当に欲しい物が手に入っていないかもしれません。小売業のお勧めを信用するしかありません。市場に行かなくても直接物を買いたい。インターネットが普及してきました。ネット上で商取引できるインフラも整ってきました。物流は小売業の発展とともに既に整備されていました。市場に行かなくても生産者と直接交渉出来る場が出来上がりました。市場の回帰とも言えますが、同じではありません。全く新しいタイプのNEO市場です。こうして私たちの選択肢は増えました。視界は広がりました。
でも、やはり直接交渉でない不安は残ります。生産者と直接と言っても、会った事はありません。だったら、直接話せる小売店の店長さんから買いたい!また小売り経由に変化していきました。でも、以前とは違います。生産者が分かる様になり、小売店は生産者の代弁者になりました。物の流通だけではなく、人との繋がりや信頼も流通する様になりました。物流×人流×信頼流です。きっとこれからも流通するものは増えて行くでしょう。こうして私たちの視界に入る物事が増えて行きます。

人の成長も同じ様なものではないでしょうか。実は、物事のスパイラルアップの進化の様に決まった法則があります。その時々で主役となるイベントは異なりますが、同じ様な要素が繰り返し現れて、一つの流れの中で成長して行く。それは全ての人に共通のものではないかもしれません。生まれ持った個性や育ってきた環境、置かれた環境で変わってくるものです。ただ、自己認識としてこの法則、自分のパターンを理解する事が出来れば、自分を進化させる魔法にする事が出来ます。

このパターンは、今までの自分の歴史を振返る事で見つけられます。自分が成長した瞬間を棚卸ししてください。そこで何がその活力になったのかを考えてみましょう。活力になったのは、置かれた状況(超えなければ行けないハードル)かもしれません。ヒリヒリする危機感やワクワクする楽しさかもしれません。

子供の頃、思春期、社会人になりたての頃、ある程度自信が付いてから、記憶の無い赤ちゃんの頃の行動を両親に聞いてみるのも良いかもしれません。そこから見えてくる自分の成功体験、失敗体験から見えてくるパターンを見つけましょう。

  1. 自分の何が成長へのきっかけになっているか?
  2. 失敗する時のパターン・その予兆に共通点が無いか?
  3. 自分の進む道を決めている選択基準は何か?

スパイラルアップ(好楽絶望内省)1.png

上のモデルは人材育成に関わるベテラントレーナーの皆さんとの議論で出てきたモデルです。上から見た時のステップは4つあります。

  1. 好奇心が高まり、そこから行動が生まれる
  2. 好きを楽しむ、好きが活力の源になる
  3. 絶望を味わう、好きだけではやっていけない時が必ず来る
  4. 一人で内省する

きっかけは好奇心です。いろんな事に興味を持つ事はとても大事です。そのために出来るだけ自分のアンテナを高く広げましょう。そして、知りたい・やってみたいと思う事があったら先ず飛び込む事です。そこで、本当に好きだと感じたら、どんどん楽しみましょう。楽しいと感じ続けられる事が出来れば、それが継続への原動力になります。そして、次のステップが絶望を味わうです。(これは少しシニカルな表現かもしれませんが、ベ・テ・ラ・ンの集まりの場での意見という事でご容赦ください)好きなだけではやっていけないと思う場面があることで、次のステップが見えてきます。新たな選択肢を探すかもしれません。やっぱり同じ道を進もうと思うかもしれません。いずれにせよ大事なのは次のステップの内省です。このステップが次の一周への踊り場になります。ここでの内省が階段から転がり落ちないための備えになります。少し休んで周りを見渡せば自分の視界が変わっている事に気付くはずです。

新たな視界1.png

日々ジタバタしていて、何も良くならないやと思っていても、頑張って逃げずに向かい合っていれば、いつかみた風景を違う視座から見ている自分に気付く。昔はどうにもできなかった事態にスムーズに対応出来ている自分に気付く。上からみたらジタバタしてるだけでも、横から見たら少しずつ登っている。こうして人は成長していく。

迷った時に立ち止まる事も必要ですが、自分のモデルの中にいる事を確認したら、後はがむしゃらに進みましょう。もちろん、誰かに頼ったり、仲間と頑張るのもありです。それがあなたの成長モデルに組み込まれてさえいれば、どんどん活用しましょう。

分かれ道1.png

誰でもスパイラルアップの階段を登る事は出来ますが、最初の選択肢が重要です。

選択肢に迷ったら成長する方、学習出来る方を選びましょう。
そうやって少しずつでも登って行けば、
いつか魔法にかかったかの様に新しい世界が見えてきます。

良い年を!!

Written by Tatsuya Yamada on 2013-12-23

木を見て森を見ず?!・・・いや、本質は一芸に秀でれるものは多芸に通ず

木を見て森を見ず
森2.jpg
いわゆる細部にこだわり過ぎて、全体を見失うということわざであり、ビジネスの世界での戒めとしてよく引用される言葉である。一方、

魂は細部に宿る
と芸術の世界では細部までこだわることの重要性を意味する名言もあります。つまり物事の本質を捉えるためには、細部もそして全体も両方重要ということになるわけですが、とりわけこの後者の全体を捉えるといはどうゆうことか?を理解することが非常に難しいものである。そしてこの全体を捉えられるという能力こそが何かを極めるという意味において、目指すべき頂きであり、どんな分野においても一流である人の共通項であることを確信している。つまり、一流になるためにはこの能力を見つけるというとニアリーイコールであると言い換えても過言でない。
最近は技術系の分野でもシステムズエンジニアリングやシステム思考という言葉が一般的になり、健康、医療分野などではホーリスティックという表現が使われたりと物事を部分ではなく全体で捕らえるという考えが一つのトレンドになってきている。
しかしこうした言葉は普及したとしても”全体観”を捉える概念は非常につかみどころのないもので、座学で全体を見ろ!とか視座を上げて考えろ!言われても一朝一夕でできるようになるものではなない。特に経験や知識の少ない若い人達には実感として理解しにくいものである。じゃぁ何から取り組めば良いのか?そのヒントを与えてくれる言葉は、宮大工の西岡常一氏のこの一言である。
一芸に秀でるものは多芸に通ず
一芸に秀でることができて初めて多芸に携わる基盤ができる。つまり、まずつべこべ言わず一つの事を必死に極めて見ろ!ということである。この言葉にピンとこない方はホントですか?!と言いたくなるかもしれないが、これは私の実体験からも間違いないと確信していることであるし、世の中の一流と言われている人達でこの事を否定する人にもお目に掛かったことがない。一芸を極めるプロセスにおいて、実は世の中に共通する原理原則多くを学ぶことができるようになる。それによって、この経験のアナロジーを通して多くのことが見えてくるのである。
最近はなんでもできる多能工化が求められ、様々な知識やスキルを身につけなければ生きていけない風潮がある。そして成果や結果を急ぐあまり、少し取り組んでうまくいかないと向いてない?!と諦めてしまいがちである。しかし、子供達や若者にこれだけははっきり伝えたい。
20代までにやると決めたことを一つやりぬいてみろ
ということである。テーマはスポーツでも趣味でも仕事でも何でも良い。何か一つでもNo.1を目指してがむしゃらになってやり、ある域に到達すると、必ず今まで見えなかった世界が見えてくる(見えてこないならばそれはまだまだ止めるには早い)。そしてこの経験があなたの未来の可能性を広げることになる。
これは最近多くの若者から相談を受けると必ず言いたくなるメッセージである・・・いやこれはホントに心からのアドバイスです。
Written by Tatsuro Tsushima on 2013-12-11

原体験、価値観、そして、ビジョン

 仲間と月に2回英語の勉強会をしている。自分が参加してもう1年ちょっとになるが、ほど良いゆるさで続いている。今日は3回目のEnglish Boot Campの場所決めプレゼン大会、もちろん英語でプレゼンだ。特に厳しい縛りも無いのに5人のプレゼンターが集まった。2つに候補が絞られたが、有機野菜の農業体験とその場で電話して確認した秋野菜リストというキラーコンテンツで勝者が決まった。そのまま自然と役割分担に移り、どんどん前に進んでいく。レベルも仕事もバラバラなメンバー、英語に対する到達目標もモチベーションもそれぞれだが、上手くチームとして回っている。これはきっと価値観が合う仲間という事なのだと思う。
 もう一つ、こちらは年に1回で続けている会がある。こちらはもう少し似通った背景を持つメンバーの集まりだが、同じメンターから指導を受けたという共通項がある。いわゆる同じ原体験を共有した仲間だ。個性が強く、ある意味価値観はバラバラだが、だからこそ刺激が得られる。
 どちらも自立した人が集まる自律した組織?!だ。
 価値観が合う仲間が自然と集まる。
 同じ原体験を共有する仲間が集う。
 組織で何かを成そうとする時、価値観、原体験は大事な要素になる。少し乱暴かもしれないが、「価値観を揃えるために共通の原体験を踏ませる」というのが組織で行われているマインドセット系の研修のセオリーだと思う。所がこれがなかなか難しい。一朝一夕には行かない。セオリーが掴めているのに、簡単には行かない。理由は簡単、それぞれが既に異なる原体験を積み重ね独自の価値観を持っているからだ。これを塗りつぶすだけの体験を後から積むのには無理がある。幼少の頃からやり直すか、強烈な体験をするかしかないだろう。
 だから、「価値観を合せるのではなく、お互いの価値観を認め合う」というセオリーが必要になってくる。これだけでも実際にやるのは大変だが、出来たとしても合わせるだけでは行き先が決まらない。ここで必要になってくるのがビジョン、行き先だ。
 仲間を募ってから行き先を決めるか?
 行き先を示して仲間を集めるか?
 という議論がある。
 いずれにせよ、人を巻込み何かを成そうとする人に必要なのはビジョンだ。
 価値観の重なりが少ない程、より具体的なビジョンが必要になる。これが人+ビジョンの式だ。足し算で示される以上、人(価値観の重なり度)だけでも意義あるビジョンだけでも効果はある。しかし、どちらも完璧にするのは難しい。だからこそ常に両方を意識する必要がある。
 そして、ビジョンともう一つ意識してコントロールできるのが、新たな原体験づくりだ。特に新しい組織でビジネスを起す時には効果的だ。何を今更と思うかもしれないが、原体験こそが暗黙知を生み、組織の土壌を耕す。
 原体験で耕し、ビジョンで行き先を示し、成果を積上げる事で共通の価値観が出来てくる。こうした原理原則を意識しながら進めば、組織は強くなる。
Written by Tatsuya Yamada on 2013-07-02

デザインに”教養”が不可欠な時代に

“デザイン”という言葉から想起される領域が益々広がっている。

かつては目に見える造型≒デザインという世界から、いまやエコデザイン、都市デザイン、そしてライフスタイルデザインと、もはやデザイン≒イノベーションであり、デザイナーという人間は多能工で万能なスーパーマンじゃないと成り立たない?! デザイナーに期待をかけるクライアントからは、そんな言葉が聞こえてきそうな状況になりつつある(そもそも一握りの一流という人にとってはむしろ無意識に実践してことではあるとは思うが)。そんな悲痛を先日の日本を代表するデザイン会社、GKインダストリアルデザインの元代表でもあり、日本デザイン振興会理事でもある田中一雄氏のお話から感じた。

メーカーの製品開発を担うエンジニアの世界も同様の状況である。既存製品の機能追加や性能向上などマイナーチェンジにおいては、メカ、エレ、ソフトなど一部の専門性があれば対応できていた。しかし、今各メーカーが必要としている新製品の開発やフルモデルチェンジをしようとすると専門性を越えた幅広い知識や経験が求められる。昔ながら技術的な知識に加えて、ユーザーニーズの把握するだけでなく、未来のライフスタイルを描き、形にできるだけの”教養”が必要になってきている。

今クリエイティブ人材は、時代の変曲点において非常に貴重な役割を期待されていることを改めて認識しなければならない。モノを創る力は、その経験がない人からすると非常にうらやましい能力であるだけでなく、想像すらできない世界だということを様々なメーカーの支援をする中でつくづく感じている。その期待に応えるためには、書物を通しての学びだけでなく、最先端にいる様々な分野の人と出会い、ディスカッションするために積極的に外にでていきましょう!

  同じ課題に向き合おうとしている仲間は世界中にたくさんいます。

  そしてそういう人達とは言葉少なくして、共感し合うことができるはずです。

  一流の人に触れる事は必ず学習を加速させてくれます。

Written by Tatsuro Tsushima on 2013-06-18