NUS GRIP LIFT-OFF DAYに見た 展示会の未来

Written by 山田 竜也 on 2020-12-18

 

 

NUS(シンガポール国立大学)はアジアで最も高い評価を受けている大学です。NUS GRIP(NUS Graduate Research Innovation Programme)は2018年に開始され、NUS大学院の学生や研究者にステップバイステップの指導を提供し、大学の世界的な研究を自分たちのディープテクノロジーのスタートアップに変えるためのディープテック起業家を育成しているプログラムです。

2020年12月16日にそのショーケースとしてLIFT-PFF DAYが開催され18チームが1分間のピッチを行いました。ディープテック分野なので、どのチームも特徴的なテクノロジーをベースにしていますが、アプリケーションの分野は「SCPSCAN : 業務用空調システムの診断ソフトウェア」「FACI-FI : クリエイティブ・アニメーション・ビジネスの民主化」「hiomi : オンライン上の危険から幼い子供たちを守る」と様々でした。

こうした多様性がありながらも、どのピッチもとても分かり易いものでした。各チームのピッチは以下から見られます。
https://www.gripliftoff2020.sg/teams/index.html

ピッチの構成に統一感があるのは、勿論ですが、動画としても作り込まれていて、構成とストーリーテリングの両面で完成度が高いものでした。
当日は全チームがオンラインでのライブの1分ピッチを行ったのですが、その運営自体は動画の完成度と比べるとラフな印象で、音声が出ないといったトラブルも交えつつ、良い意味でライブ感を楽しめるものでした。

 

私自身の体験としてはこんな感じです。

  • ティーザー広告としての1分間ピッチでライブ感とプレゼンターの人柄を感じる。
  • そこから興味のあるチームの各ブースへ行くと、完成度の高い動画に出会う。
  • 動画を再生するとチャットが自動で立ち上がり、軽い挨拶からコミュニケーションを促される。
  • カジュアルな会話から、オンライン面談の予約となる。
  • 予約時間に改めて(ここで本当の意味での初対面)となり、既に前提も共有されている中で、改めてプレゼンターや共同創業メンバーの人柄を感じながら、少し突っ込んだ話をし、コンタクト情報を交換し、次のアクションを決める。

 

この一連の体験は、広い会場を足を棒にして周り、説明を聞こうと思ってブースに立ち寄ると説明員が不在で、代理の人の説明は不十分で・・・という展示会あるあるに比べると非常に心地良いものでした。

 

改めて心地良さの理由を考えると以下の3つが思い当たります。

  • 完成度の高い動画&ブース(webサイト)
  • 相手の人柄を感じられるライブでのピッチ
  • 周りに気を使わないクローズドな空間での面談(VIPの面談室?)

 

これまでの展示会は、ある意味、イベントとしての意味合いが強く、ともすると出展している側のお祭りであったような気がします。
毎年参加し続ける事で業界でのポジションを示すという目的もありますし、真剣な商談に繋げるべく努力はしているのですが、それ以上に、会場の設置やロジ周りに多大な労力を割いていたのではないでしょうか。そして、その割に、完成度の高いメッセージを伝える事も、名刺交換だけでない関係性を築く事も出来ていなかったのでは。

 

コロナ禍で、これまでとは違うやり方を強いられていますが、それによって初めて、これまでのやり方の非合理と、試していなかったやり方の良さに気付けました。これはまさに不幸中の幸いです。

ニューノーマルというと新しい何かに置き換わるようですが、実際はこれまでとこれからのハイブリッド化が進んで行くことが多そうです。リモートワーク で対面のありがたみ、対面でしか出来ないことが浮き彫りになった様に、会場の熱気を味わえる現地での展示会とオンラインでのスマートな展示会が入り混じった姿が数年後には当たり前の姿になっているでしょう。

イノベーションカルチャーの4段階 ~一部の個人から組織へと行動特性を発展させるのか?~

Written by 津田 真吾 on 2020-11-24

組織をよりイノベーティブにしたい。
と、願う人は少なくありません。

企業がイノベーティブになっていく道筋には一定のパターンがあります。
ほかのさまざまな進歩と同じように、階段状に、つまりレベルが上がるようにイノベーションの力が付いていくことが分かっています。

階段状に上がるということは、停滞期もあるのですが、成長する時には劇的に進みます。この進歩が発生するのは、「人」なのか「仕組み」なのか、ライブ対談のフリートークを星野さんと行いました。

イノベーションカルチャーの4段階 LIVE対談

どのように一部の個人から組織へと行動特性を発展させるのか? そのポイントについて事前下打ち無しで議論してみました。 #イノベーション #組織論 #行動特性

人も仕組みも、相互補完的に成長する中で、いくつか大切なキーワードが出てきました。いくつか要点をピックアップすると以下のようになりますが、ぜひ動画をご覧ください。

  • ファーストペンギンとなる個人は、いろいろなところで活躍している
  • 顧客開発のような骨組みとなる仕組みは必要
  • 仕組みづくりの活動は専任でないほうが楽しい
  • 仕組みもピボットする

創発とは単に優れたアイデアを出すことではない

Written by 津田 真吾 on 2020-10-19

「創発」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

創発とは、物理学では「発現」と訳されているEmergenceの訳語であり、意図的ではない現場から生まれるような戦略や行動のことを指します。現場からの意見やアイデアが求められる状況で使われるこの言葉には、イノベーションのヒントが込められているのです。

創発とは – コトバンク

「創発」とは、部分の性質の単純な総和にとどまらない特性が、 全体として現れること。物理学や生物学などで使われる用語「emergence」(発現)が語源で、自律的な 要素が集積し組織化することにより、個々のふるまいを凌駕する高度で複雑な 秩序や システムが生じる …

「創発」を理解することで既存の枠組みや固定観念によって身動きがとりにくくなっている方もきっと身軽になると思います。


「創発」にもっとも近い概念は「ボトムアップ」です。また、ボトムアップはトップダウンの対義語であるように、創発の対義語は「意図」です。したがって、創発の条件は、まず現場発であることが挙げられます。次に、意図的ではない、というのが2つ目の条件です。

現場から意見を集めて、意外性の高いアイデアを求める取り組みは多くの企業で行われています。しかし、必ずしも上手くいっているようには見えません。その原因の一つが「意図的ではない」アイデアについてマネジメントが受け取れないからです。通常、上から戦略として降りてきたものが実行計画になり、日々のオペレーションになっているような組織ではボトムアップのアイデアは行き場所がありません。どんなに面白くて価値のあるアイデアがあっても、拾い上げる仕組みがないのです。

せっかく創発を現場に促し、現場の気づきがマネジメントに上がってきたとしてもスルーされているケースがあります。アイデアの伝え方が拙いことも一因ですが、創発を促しているのですから上手に拾っていきたいものです。


では、現場で発見された気づき(特にジョブ)やアイデアを「創発」にするにはどうしたらいいでしょうか?

もちろん、現場が多くのアイデアを出すことは必要です。しかし数を出すだけでは十分ではありません。同じモードで「創発しろ!」「アイデアを出せ!」という掛け声があっても、吸い上げて拾い上げるプロセスがなくては、途中で跳ね返ってきてしまいます。この状態を経験した現場は、最悪、「ウチの組織ではアイデアを出しても無駄だ」とあきらめモードになってしまい、二度とイノベーションの機運が高まらなくなることもあります。脅しているのではなく、こうした学習性無力感を持つ組織は珍しくありません。楽しいだけのアイデア出しワークショップに弊害があるのは、こうした影響があるからです。

創発の起きるイノベーティブな組織の多くは、組織がフラットなのは偶然ではありません。さらに、トップに創業者が残っている若い企業であればフラットにすれば済むのですが、多くの伝統的な事業会社にはゼロから事業を作り上げたメンバーや知恵が残っていないからです。その結果、どのアイデアを吸い上げ、磨き、どのように事業にしていくのかという仕事がなされずに、せっかくのアイデアが宙に浮いたり、スルーされてしまいます。

創発を根付かせようとすると、アイデアが出たあとの「イノベーション・マネジメント」は不可欠です。言い換えると、イノベーション・マネジメントは創発をつくり出すための仕掛けであり、仕組みなのです。

イノベーション・マネジメントには4つの要素があります。

  • どのようなアイデアを求めているのかを示し、募集する
  • 集まったアイデアを評価する
  • アイデアを事業仮説として育成する
  • 事業仮説から戦略上の事業として認定する

一見「創発」のように無秩序で自由な雰囲気から出てくるアイデアも、その後のプロセスにはマジメな手続きがしっかり必要です。

「デジタルの対義語は?」を聞かれたら?

Written by 山田 竜也 on 2020-09-04

「デジタルの対義語は?」と聞かれたら、何と答えますか?少し考えてみてください。「何言ってるんだ、そんなの アナログ だろ」という答えが返ってきそうですが、最近のDX(デジタルトランスフォーメーション)の文脈で語られているデジタルって、アナログの対義語としてのデジタルでしょうか?

Wikipediaではデジタルトランスフォーメーションとは「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させるという概念」で、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱したと書かれていますが、ここには所謂デジタル/アナログ(不連続/連続)の意味は表現されていません。

Wikipediaで原典を辿ろうとしたら、余計に分からなくなってしまった典型なのですが、デジタルトランスフォーメーションの特徴の一つとして挙げられていた以下の言葉は腑に落ちました。

 

デジタルトランスフォーメーションにより、
情報技術と現実が徐々に融合して結びついていく変化が起こる。

 

自分が考えた「デジタルの対義語は?」の答えは「 フィジカル 」です。言葉的には肉体的、身体的なものがイメージされるかもしれませんが、自分の意図する所としては、所謂、モノ、物体、実体のあるものという意味です。

ビジネス的な文脈ではデジタルトランスフォーメーションを推進するやり方としいていくつかのステップが示されていますが、最初のステップはどれも「デジタル化」です。フィジカルな実体のあるものをデジタル化してデータとして扱える様にする事から始まります。そして、このステップこそが、最も本質的な差を生み出している。だから、デジタルの対義語はフィジカルという発想に至りました。

そうなると次に出てくるのはIoTです。モノのインターネット化は手段としてのRFIDが出てきた辺りから現実的になってきました。いつの間にか洋服のタグに明らかに回路と分かる模様があったり、日常生活でも目にする機会は増えてきましたが、1999年にはマサチューセッツ工科大学 (MIT) のAuto-IDラボがRFIDを商品に込み込み市場分析を行うという研究プロジェクトを開始していた様で、20年前には構想されていたものになります。
10年前の2010年代には、米ゼネラル・エレクトリック (GE) など米国勢が中心の「インダストリアルインターネット」、ドイツ政府による「インダストリー4.0」というデジタル化政策も出てきていますので、大体10年刻みぐらいでコンセプトのリニューアルが行われているだけなのかもしれません。バズワードに踊らされずに、バズワードの変化の歴史を辿ると各段階で追加されているコンセプト、本質的な違いが見えてきます。

更に最近はボーンデジタルの商品も増えてきていますので、デジタル化するというよりも、デジタルが主流の世界で以下にフィジカルを活かすか?ハイタッチな演出をするか?という発想に切り換える方が有効かもしれません。

コロナの影響で、ただでさえデジタルが幅を利かせていた世界で、更にフィジカルが追いやられてしまいました。デジタルは安価にコピーがかからないという特性があり、広く配信するには便利ですが、質の低いものを大量に生産して大量に消費して、消費者の体験をチープなものにしてしまう弊害もあります。

デジタルの活用は当たり前として、いざという時の本物、貴重なフィジカルの体験をどう活かすかが、今後考えていくべき論点では無いでしょうか。

INDEE Japanメンバーが、今注目しているスタートアップ5選 (ジョブの分析付き)

Written by 加藤 寛士 on 2020-08-11

本記事では、現在INDEE Japanメンバーが”個人的に気になっている”スタートアップを1社づつ紹介し、ジョブ理論を用いた分析を行います。好評であれば、毎月継続していきたいと考えていますので、もしよければコメントなどいただければ幸いです。

津嶋 : INDEE Japanマネージングディレクター

概要

なぜ注目しているのか?

ZWIFTは、家庭にあるロードバイクの室内用トレーニング器具をインターネットに接続し、実際にペダルを漕ぐことでバーチャルなレースに参加することができるオンラインゲームです。「ゲーム」とは書きましたが、その実態は本格的なトレーニングツールの様相を呈しており、プロアスリートも日々活用しているトレーニングプラットフォームともなっています。

ZWIFTが面白いのは、自社ではシステムに必要なデバイスを開発も販売もしていないところです。ZWIFTは、様々なメーカーのデバイスを「ハック」し、ソフトウェア的に「ZWIFT対応」を実現することで、異なるメーカーのデバイスを使っているユーザーでもゲームに参加できるようなプラットフォームを形成しました。

ZWIFTのこれまで世界に存在しなかったサービスを作り出すにあたって、自らがビジネスを行うための新しい市場を「プロダクト開発」によって作り出すのではなく、「ハック」によって作り出しているところに興味深さを感じています。

 

 

ジョブ理論による分析

ジョブについて

ロードレースやトライアスロンにシリアスに取り組む際に必要となるロードバイクトレーニング。目標としているレースまでに、持久力やペダリングの技術を身につけ、地震の力を最大限に引き出す戦術を構築するためには、絶え間ない練習が必要となります。

既存解決策の問題

ロードバイクで本気でトレーニングすると、バイク並みのスピードが出てしまうため、安全なトレーニング場所を確保する必要があります。

しかし、交通状態・路面の状態・気象条件などが理想的な場所はどこにでもあるわけではありませんし、あったとしてもそこに移動するまでにも時間もかかってしまいます。そうした課題に対応するために、エアロバイクなどの室内トレーニング器具も開発されてきましたが、そうした方法で「気持ちの張り」を維持して追い込んだトレーニングを行うことはなかなか難しいという課題もあります。

解決策の優位性

ZWIFTは室内トレーニングですので、場所や時間を問わずに安全に取り組むことができます。また「様々なコースへの挑戦」「レース」「記録が残る」「ソーシャル」というゲーミフィケーション要素をモチベーションを高めるために取り込んでおり、最後まで気持ちの張りを保ったまま追い込んでトレーニングを行うことができます。

津田 : INDEE Japanテクニカルディレクター

概要

なぜ注目しているのか?

ExcelやGoogle Spreadsheetのスプレッドシート競争の上を行く、SaaSならではのデータベースも融合したソリューションは注目です。「表計算」という言葉が死語になるとしたら、こういうソリューションなのかもしれません。せっかく存在する無限の計算資源を2次元に詰め込まず、データベースを表、カンバン、ガントチャート、カレンダーなど、簡単に色々な見せ方ができます。

すでにユニコーンなので、多くの人がすでに注目してはいると思いますが、敢えてご紹介したいと思います。

 

 

ジョブ理論による分析

ジョブについて

「膨大に存在するデータを色々な切り口で整理したい」というジョブは仕事や生活の多くの場面で発生しており、デジタル技術が普及した現代では非常に普遍的なものであると言えます。

既存解決策の問題

表計算ソフトでは、大量データや複雑なデータを関連させて取り扱ったり、用途に応じて見せ方を自在に変えることには限界があります。一方で、データベースを扱うためには技術的な準備が必要で、誰にでも手軽に扱えるというものではありません。

解決策の優位性

Airtableは、誰にでも扱うことができる表計算ソフトのような操作感を実現しつつ、これまではデータベースを使わないとできなかった、データ同士の関連の設定や用途に応じた見せ方の変化を拡張的かつ直感的に付与することもできます。表計算ソフトにはなく、データベースにはある各種機能の利用について、スキル面でのハードルを下げることで広く支持を獲得し初めています。

山田 : INDEE Japanトレーニングディレクター

概要

なぜ注目しているのか?

チャレンジ社が販売しているEQG-Ⅲは、地震において大きな揺れの到来の前兆となる微細な揺れの到来を読み取り、通知する地震計です。

ユーザーが共同してコストを負担して、1つの会社が提供するサービスを享受するという中央集権的なビジネスのエコシステムがもてはやされている昨今、「地震」と「通知」というキーワード聞けば、緊急地震速報システムを連想する人がほとんどではないでしょうか?

しかしチャレンジ社には、そうした戦略の裏を行くからこそ生まれる価値を提供しています。具体的には、どのような価値でしょうか? 以下、ジョブ理論を用いた分析をご参照いただければ幸いです。

 

 

ジョブ理論による分析

ジョブについて

チャレンジは”揺れる前の10秒が命をつなぐ”という価値を掲げています。チャレンジの地震計は、大きな揺れの到達に未然に備える時間を作り出すことで「地震から命を守る」という非常に重要度が高いジョブに取り組むことを助けています。

既存解決策の問題

地震の到来を未然に知らせる仕組みとして、日本では緊急地震速報がよく知られています。しかし、緊急地震速報は全国の要所要所に設置された地震計から集めた観測データを用いて通知を行う仕組みであるため、直下型の地震では揺れる前の通知が間に合わない場合があります。病院 ・ 学校 ・ 工場というようなわずかな通知時間の差が生死をわける可能性がある場所ではこれは大きな課題です。
また、緊急地震速報のようなシステムを構築し運用していくためには数百億円もの投資が必要となるという課題もあります。そうした公共投資が難しい国では、地震の到来を通知するシステムにはより確かな需要があります。

解決策の優位性

チャレンジの地震計を用いれば、病院・学校・工場のような、とくに地震のリスクが高い場所に直下型地震に対応するための”命を守るための数秒”を作り出すことができます。また、巨額の公共投資が難しい国においては、直下型地震以外の地震の発生通知も含めて対応ができる方法としてより大きな価値を発揮します。

星野:組織開発・事業開発ディレクター

概要

なぜ注目しているのか?

続きまして、少し身近な言語関連のサービスをご紹介します。会話の文字起こしや機械翻訳などのツールはAI技術の急速な普及を基盤として精度が加速しています。従来はGoogleなどによって誰でも使えるようにサービス化はされてはいたものの、アウトプットにはかなりの手直しを加えないと十分な精度はならす、結局人の手で翻訳をしたほうが効率が良いという状況にありました。

ししかし、「会話や動画・音声ファイルから自動的に文字起こしを行うotter」 や「ソーシャルに学習をおこなって成長するAIを活用した高精度機械翻訳である DeepL 」に触れて、そうした昔の印象は大きく変化した感を受けました。またこの技術の発展によって、より身近な存在になると思いますので、皆様にも紹介させていただきたいと考えています。

 

ジョブ理論による分析

ジョブについて

企業においては何かと情報をまとめるという業務が付きまといます。議事録を作る、イベントの参加報告を行うといった業務には未だ多くの方が携わっていることでしょう。特に外国語で行われた講演を人に伝えるための文字起こしに苦労されている方は多いのではないでしょうか。英語が堪能でない方にとってはリスニングだけでは苦しいので録音して後で何とかまとめようという流れで取り組んでいたでしょう。この手間を減らしたいというジョブは昔から今もなお残るものでした。

otterとDeepLを組み合わせるとそうした翻訳のジョブを機械的に解決できます。(otterで動画や音声から自動生成したテキストファイルに対して、deeplを用いて機械翻訳をかける)

既存解決策の問題

外国語の音声を日本語に文字変換する時には、外国語の音声を外国語の文字にする、次にその外国語を日本語に翻訳するというステップを踏みます。ところが従来のツールは精度がイマイチで手直しが多く発生し、工数が発生するという悩ましさがありました。この工数が避けなかったり納期がタイトな場合は、致し方なくコストを掛けて翻訳家・専門家へ依頼していたことでしょう。

解決策の優位性

文字起こしのOtterと翻訳のDeepLはどちらも精度が高いことが特徴です。これによって音声データ→Otter(文字起こし)→DeepL(翻訳)で日本語らしい文章に変換してくれます。少しマニアックな単語は手直しも必要だが、それもAI学習を重ねることで改良されることが期待されます。

実際、今回のコロナ禍によって海外カンファレンスが軒並みオンライン化したことを受け、オンラインカンファレンスにいくつか参加しましたが、時差があるのでライブでは参加せずに配信されているビデオを2つのツールで日本語変換し、ストレスなく内容をキャッチアップできました。

この2つの技術が連携すると、多くの人が海外のTVやライブ動画を精度の高い同時通訳と共に、一部のインテリではなく多くの人が海外の情報を身近に楽しめる日も近づくのかと想像せざるを得ません。

加藤

概要

なぜ注目しているのか?

特定の状況下で、不快な身体症状とともに強い不安感に襲われてしまう不安障害という病気。例えば「学校or 会社に行く」というようなことが特定の状況になってしまうと、学校や会社に行くことができなくなってしまいます。魔法アプリは、VR技術を用いて不安障害の治療をサポートするサービスです。

私自身は不安障害になった経験はないですが、知人が不安障害によって学校や仕事をやめてしまったのを見てきた経験から「不安障害の人も、再び自分らしく社会の中で活動できるようにする」という課題には注目してします。

こうした技術の普及によって、不安障害になってしまっても思い通りに人生を生きることを諦めない人が増えていくと良いですね。

ジョブ理論による分析

ジョブについて

現代社会において「学校や会社に行く」というジョブは、患者の人生に大きな影響を与えるため、当事者にとって重要度が非常に高いことが特徴と言えます。

既存解決策の問題

不安障害の治療に有効と言われている暴露療法は、少しづつ不安を引き起こす「特定の状況」慣らしていくことで行われます。具体的には、実際に少しづつ学校や職場にいる時間を長くしていくことで、不安による発作を起こす必要がないことを心身に教える過程を繰り返して行います。

しかし暴露療法では、「療法を受ける最中に発作が起きてしまうのでは?」という不安感から療法を受けること自体に強い恐怖感を抱く患者も多くいます。こうした恐怖感は、予期不安と言われ実際に「特定の状況」に置かれなくても、想像しただけで発作が起こるなど、より症状が悪化してしまうケースも有るようです。

解決策の優位性

暴露療法のプロセスにバーチャルリアリティーを用いることで、安全な場所で自分のペースで治療に取り組むことができます。また、もし暴露療法中に症状がでてしまっても誰かに迷惑をかけることもないため、心理的な負担なく予期不安を軽減しながら治療に取り組むこともできるのではないかと期待しています。