オンラインもオフラインも超越するリーダーシップ

Written by 星野 雄一 on 2020-07-17

緊急事態宣言が明け、第2波と呼ばれる状況になっている。COVID-19との付き合いはまだまだ続きそうだ。そのような中、この数ヶ月ほとんどの時間をオンラインで過ごしながら感じることがあった。

 

これを3つのポイントで共有してみたい。

 

「リモートワークになって仕事が効率的になった」という声はよく耳にするし、リモートワークに抵抗があった管理職の方々も「意外と便利」という声もある。

 

これはその通りであろう。移動時間はなくなるし、会議は簡潔になりがちだし、各種ツールを使えば情報のシェアも簡便だ。いわゆる成果物を作ったり、報告をしたりするような仕事、目的を持った情報の提供ややりとりにおいては生産性が高い。

 

一方で「会社の文化が失われるように感じる」「社員同士の関係が希薄になる」と言われる方もいる。

これもその通りであろう。善い行動の共有や相互理解という文脈においては、リモートワークはやりづらさを感じる。どんなに頻度よくオンライン会議をやっていても、”モニターの向こう側”で起きている感覚を拭えないし、社内で座っていて自然と見聞きするような行動や言葉はリモートワークだと入ってきづらい。リモートワークになって便利、このままが良いと言う社員が多い組織は、社内の人間関係がもともと希薄だという指標にもなるのではないだろうか。厳しい言い方をすれば経営・管理職はリモートワーク反対と言って出勤型に戻しても、抜本的な手立てを打たない限り目的は達成されない。

 

ただ一つ、オンラインでもオフラインでも関係ないものがあると感じる。それは美しき行動・所作・考えを持つ人との心地よさである。そのような美しさの感覚が合う人とは、出会いの場がオンラインでもオフラインでも同じようにシンクロする感覚を持つのである。オンラインで出会ってそのまま仕事をしていても何の違和感もなく、アウトプットも出し、深い相互理解を育みながら進められる。

オンライン中心の数ヶ月はこのような示唆を与えてくれた。

 

アウトプットは仕事が与えてくれる、善き行動は組織やコミュニティが与えてくれる、ただ美しさは主観であり誰も与えてくれず自分で育むものである。自分が美しいと思う行動を思い、自分と向き合い、それを育むことを積み重ねた先に醸成される。オンラインかオフラインか、サラリーマンかフリーランスか、そんなことに関係なく大事なことは変わらない。特にリーダーと呼ばれる人たちはそれが強く求められるだろう。日々の研鑽を止めることなく進めていきたいと改めて感じる今日この頃である。

オンライン/オフラインよりも大切なこと

Written by 津田 真吾 on 2020-07-15

在宅で仕事をしている期間は、子供たちも在宅している期間だった。

大学でオンラインが始まり、私と帯域の奪い合いを感じることもあるが、大学生の娘との時間は明らかに増えた。

朝から晩までオンライン授業を受けている娘に先日聞いてみた。
「大学での授業を10点、まったく授業もなく家にいる時間を0点だとすると、オンライン授業は何点?」とオンライン授業の感想を聞いてみたのだ。というのも、かれこれ4カ月以上も遠隔でしかミーティングや、ワークショップができなかった中で、率直な感想はどうなのか気になっているからだ。おまけに、大学で授業をする機会があったばかりで、学生たちの感想がどのようなものなのか、知りたかった。

少し考え込むかと思いきや、「それは授業によるよ」と即返答が返ってきた。「例えば、プログラミングの授業はマイナス2!」
「だって、課題を言われても、その場で誰にも聞けないから」



同じ時期に、大学生に「起業について」「イノベーション概論」「起業家精神」についての授業も行った。毎年行っている授業だが、今年は自宅から“放送”した。

これが、いつもの講義室での授業とは丸っきり違う感覚だった。もちろん、遠隔授業に適した内容にかなり修正を施したつもりだ。遠隔という制約があると、教室で学生と「一緒に考える」などといった結論が曖昧なことは避け、はっきりと一方通行で伝えられる内容に絞った講義を行ったのだ。そうすることで、いつもの1.5倍位の分量を講義ができた。しかも、理解度も評判も概ね良かった。こちらは大量の知識を放出することができたし、理解度も高く、評判が良いので、今後も益々オンラインでの授業は増えることになると思う。



しかし、知識を授けることが教育の目的ではない。教科書の内容を理解してもらうことが授業や先生の役割ではない。その知識の活用が大切である。このことを忘れてはいけない。

娘のプログラミングの例を挙げれば、C言語の構文を理解しても無駄で、“Hello World!” 以上の何かを作り出してもらわないと困る。そのために、教える側は複数の努力を行っているものだ。授業では、1.聞いてもらう 2.わかりやすくする 3.使ってみさせる などの工夫がされているが、要するに「授業に対する興味」を持たせているのだ。このような授業への意欲を高めることは比較的工夫がされているものの、学習には知識の習得と訓練の二つの側面があることを私たちは忘れがちだ。

知識の習得は、かなり効率化できる。オンライン学習は最たる例で、多くの分量が理解しやすくなっている。また、教える側の「授業に対する興味」の持たせ方も数十年前と比べると大きく進んでいる。双方向なやり取りや、グループワークで盛り上がるようなものも著しく増えていて、 黒板に向かってばかりの先生は絶滅危惧種と言っていいだろう。

しかし「訓練」はそう簡単に効率化できない。面白くてわかりやすい授業をやったところで、学生がコードを1行も書かなければ、やっぱり1行も書けない人のままなのだ。逆に分かっていないまま「写経」することでいつの間にかコーディングできるようになった、という人も少なくない。

あの一見頭でっかちなアリストレスも言っていた「何かを学ぶとき、実際にそれを行なうことによって我々は学ぶ」。Practiceという言葉は、練習という意味も持つが、実践という意味を持つのは本当に示唆深い。

­

生と死 Innovation for Life vol.1

Innovation for Lifeのテーマは人類にとっての永遠のテーマである死について取り上げてみました。

 

我々は死と向き合う事でより生きることの意味が見えてくるのではないでしょうか?

 

私自身は、日本人の伝統的な行事や風習、そして生活習慣に多くの影響を与えてきている禅をルーツとする武道の体験を通して、武士の人生哲学に興味を持つことになりました。

スティーブ・ジョブスや、ベン・ホロイッツなど海外の多くのイノベーターもこの禅や武士道に惹かれる事には何か本質的な共通点があると考えています。

 

江戸という、戦がない平安の時代を治める為政者となった武士が、自らを律して生きていくために定めた行動規範が武士道であり、そこに不確実性が高く、生きる目的を見失いつつある現代を生きる我々にとってのヒントがあると考えています。

 

もし明日死を迎えるとしても、悔いの無い毎日を過ごしていますか?

 

自信をもって”はい”と応えられなければ、是非これを機会にその理由を探ってみてはいかがでしょうか?

 

Innovation for Life vol.1 生と死

不確実性が益々高まる現代社会において、幸せな人生をおくるために大切なことを考える問いを発信することでみなさまとご一緒により良い未来そして社会を創っていくチャンネル Innovation for Life・・・第一話のテーマは生と死 何カ所かカットしたのですが・・・時間は約8:00と少し長めにになりましたm(__)…

Vol.1 生と死

本コンテンツもイノベーションの作法通りに実践を通して改善、改良していきます。

みなさまからもご感想やご要望をお待ちしております。


オンライン・カンファレンスの価値は?

Written by 山田 竜也 on 2020-06-26
https://virtualconference.td.org/

 

6月第1週に atd VIRTUAL CONFERENCE 初のオンラインでのカンファレンスが開催されました。元々は5月の中旬にアメリカのデンバーで予定されていましたので、開催中止決定から比較的短期間でのオンライン開催決定だった印象です。

私個人は、元々現地での参加を予定し、デンバーの街並みと大好きなBlue Moon(全米No1クラフトビール)を本場で味わう事を諦めた所に、オンラインでの開催案内。オンラインとはいえ、5日間のフルスケジュール、時差13時間のシフトワークで最後まで参加できるか!?、色々悩みましましたが、オンラインを体験するのは、今回だけのチャンスかもしれないと思い最後はRegistrationしました。90日間は視聴可能と言うのも後押しになりました。

 

Keith Ferrazzi 氏の Co-Elevation Kickoff : Going Higher Together

初日の基調講演はニューヨークタイムズのベストセラー『Never Eat Alone』の著者である Keith Ferrazzi 氏の Co-Elevation Kickoff : Going Higher Together でした。内容は「オフィスや正式な肩書き、あるいは物理的な職場を必要としない、根本的な新しいワークプレイス・オペレーティング・システムにおけるリーダーシップ、コラボレーションを再定義する。」と言うもので、コロナ下の状況での働き方にもマッチするものでした。

本来リアルでの基調講演であれば、講演前のBGMが会場を盛り上げ、数千人が入る会場で、豆粒の様なスピーカーを見ながらのセッションだったのでしょうが、小さな画面、普段着のスピーカー、静かな語りかけで、深夜の時間帯でこちらも自宅と言うことがあり、とてもウェットに染み入る様に参加することができました。

スピーカーも参加者も、お互い普段の空間で、とてもリラックスして参加できる。これは不思議な学習体験でした。講演なんだけど、本を読んでいる様な感覚です。チャットラインにコメントは流れていくので自分一人ではないのはわかるのですが、リアルでの参加と違い会場の雰囲気や熱気は感じられません。

以前、同様に中止でオンライン開催でなったカンファレンスの動画を見ましたが、これは壇上でスピーカーが話すのを記録しただけのものでしたので、リアル開催の劣化版と言う印象だったのですが、スピーカーも参加者も普段の空間で#Stay Homeで、と言うのは、オンラインならではの良さを活かしていると感じました。

 

Marcus Buckingham 氏の StandOut Teams – How to Build Strong Teams Through Strengths

マーカス・バッキンガム氏の講演は2018に会場で聞きましたが、今回はより自然体で等身大の彼を感じることができ、ステージ上でのロックスターの様な姿より、個人的にはとても好印象でした。
レジェンドと呼ばれるスピーカーの語りを近くで、よりパーソナルに聞けるのもオンラインの良さと感じました。

 

ジョブ理論で考えてみるとオンラインがより上手に解決できるジョブは、以下の様な感じでしょうか。
 機能的な目的
  ・移動せずに、コストをかけずに、参加したい
  ・好きな時間に、隙間時間で参加したい
  ・理解できない部分があったら、もう一度見直したい
  ・寒すぎる会場ではなく、自宅で快適に参加したい
 感情的な目的
  ・会場の熱気を感じたい、参加者からの刺激を得たい
  ・レジェンドの語りをより近くで、パーソナルに感じたい

オンラインと言うと機能的な目的ばかりが頭に浮かびますが、感情的な目的にも目を向けると、より体験価値を高めるオンラインセッションのデザインが出来そうです。

 

さて、今回のオンラインカンファレンスの参加者は、世界で4,000名以上、日本からは約200名だった様です。2018年のサンディエゴでは世界で13,000名、日本から269名、2019年のワシントンD.C.では世界で13,500名、日本から227名でした。
移動の費用と手間がなくなり、参加費が1/3程度になり、手軽さは増しましたが、リアルでの体験価値は圧倒的に減りましたし、同時開催の展示会もないので、魅力が減るのは致し方ないかと、その中で、タイムゾーンの違いを乗り越えて日本からの参加がそれ程減っていないのは、国民性なのでしょうか。

 

オンラインの価値は?

個人的には、欲しい知識のインプットと言う意味では、オンラインは非常に有効だったと思います。一方で物足りなかったのは、偶発的な出会い・発見です。出会った人から得られる記憶に残るエピソード、歩き回っている中で発見した情報、こうしたものはリアルな場があってこそ担保されると思います。オンラインのコミュニティの中でリアルの様に歩き回るスキルが必要なのかもしれません。

 

オンライン版でも価値を出せるかは、リアルでの形式に拘らずに、オンラインならではの良さを出していけるかにかかっています。
私自身、色々な形式のセッションに参加してみて、オンラインでもオンデマンドの動画、同時刻で行うライブセッション、ライブセッションの録画の配信、チャットでの会話等、ツールやプロセスの選択肢は広がっているので、目的に応じたプログラムの設計が重要だと言う事を再確認しました。
そして、これは対面で集合の場合でも一緒、あまり、”オンライン”と言う言葉に振り回されずに、かつ、これまでの提供方法の固定観念は外して、目的からデザインする基本に立ち返るのが大切ですね。

 

 

最後に、これは私自身の実験でもありますが、オンラインでの手軽さを活かした、「かんたんに学べるシリーズ」を紹介させて頂きます。テーマに合わせてランディングページのテイストも変えました。

 「かんたんに学べるシリーズ」とは、ちょっと難しそうな題材を「かんたんに」学んでいただく短編セミナーシリーズです。 第一弾(7/20(月)13:30〜16:30)は、多くの方が経験されている「リモートワーク」を事例として、「ビジネスチャンスの探し方」を学びながら、「イノベーションの基礎」をオンラインで習得いただきます。

https://school.jma.or.jp/products/detail.php?product_id=151390

他にもオンラインでのセミナーを企画しておりますので、ご期待ください!

要素分解の力

Written by 津田 真吾 on 2020-06-09

先日書いた『「イノベーティブ」な5つ誤解』を、あるスタートアップ創業者に読んでもらった。イノベーションだけを行うスタートアップ組織の在り方としての納得感を知りたかったからだ。

彼の感想は、全般的に納得できる示唆だという点と、「要素分解」されていてわかりやすい、とのことだった。

  

なるほど。
単にイノベーティブな組織にしよう!という声掛けよりも、分解されているとわかりやすいし、行動指針として示しやすいということだ。

もちろん、私自身もとても明確な指針だと思って、ピサノ氏の論文を紹介したわけだけれど、こちらもこうやってどこが良いのか要素分解して教えてくれると、嬉しい。

さらに、以下のようなフィードバックをもらった。
「2番の実験とやみくもなトライの違いがわかりにくい」

確かに。
この二つの違いはニュアンスで伝わるものではないかもしれない。

なので、この二つの違いを少し言語化して掘り下げてみた。

仮説検証を目的とした実験には、 「事前の狙い」「仮説」「実験コストを下げる工夫」があるものだ。つまり、何を成し遂げるための実験なのかがはっきりしているし、その目標に対する仮説がある。さらに、目標を達成するために工夫があると、リーンに仮説検証が行える。

スコット・アンソニーもイノベーションを実行するためのコツはHOPEだと『ザ・ファーストマイル』に要素を分解して書いている
H: Hypothesis 仮説
O: Objective 目的
P: Prediction 予測
E: Execution 実行

改めて要素分解の力を感じるとともに、「実験」と「試す」という言葉遣いの重みを感じた。

『ファーストマイル』は”アイデア実行”の地図 | Biz/Zine

[公開日]2014年12月05日  イノベーションは最初、「アイデア」から始まります。顧客のニーズに関すること、技術的なシーズなどの様々な「着想」から始まりますが、そこからが問題です。  飛行機であれば、離陸できる速度まで加速すれば自然に機体が浮き上がりますが、新規ビジネスではそうはいきません。実は私たちが受ける相談の多くが「いつ行動に移したらよいのか?」というものです。 …