木を見て森を見ず?!・・・いや、本質は一芸に秀でれるものは多芸に通ず

木を見て森を見ず
森2.jpg
いわゆる細部にこだわり過ぎて、全体を見失うということわざであり、ビジネスの世界での戒めとしてよく引用される言葉である。一方、

魂は細部に宿る
と芸術の世界では細部までこだわることの重要性を意味する名言もあります。つまり物事の本質を捉えるためには、細部もそして全体も両方重要ということになるわけですが、とりわけこの後者の全体を捉えるといはどうゆうことか?を理解することが非常に難しいものである。そしてこの全体を捉えられるという能力こそが何かを極めるという意味において、目指すべき頂きであり、どんな分野においても一流である人の共通項であることを確信している。つまり、一流になるためにはこの能力を見つけるというとニアリーイコールであると言い換えても過言でない。
最近は技術系の分野でもシステムズエンジニアリングやシステム思考という言葉が一般的になり、健康、医療分野などではホーリスティックという表現が使われたりと物事を部分ではなく全体で捕らえるという考えが一つのトレンドになってきている。
しかしこうした言葉は普及したとしても”全体観”を捉える概念は非常につかみどころのないもので、座学で全体を見ろ!とか視座を上げて考えろ!言われても一朝一夕でできるようになるものではなない。特に経験や知識の少ない若い人達には実感として理解しにくいものである。じゃぁ何から取り組めば良いのか?そのヒントを与えてくれる言葉は、宮大工の西岡常一氏のこの一言である。
一芸に秀でるものは多芸に通ず
一芸に秀でることができて初めて多芸に携わる基盤ができる。つまり、まずつべこべ言わず一つの事を必死に極めて見ろ!ということである。この言葉にピンとこない方はホントですか?!と言いたくなるかもしれないが、これは私の実体験からも間違いないと確信していることであるし、世の中の一流と言われている人達でこの事を否定する人にもお目に掛かったことがない。一芸を極めるプロセスにおいて、実は世の中に共通する原理原則多くを学ぶことができるようになる。それによって、この経験のアナロジーを通して多くのことが見えてくるのである。
最近はなんでもできる多能工化が求められ、様々な知識やスキルを身につけなければ生きていけない風潮がある。そして成果や結果を急ぐあまり、少し取り組んでうまくいかないと向いてない?!と諦めてしまいがちである。しかし、子供達や若者にこれだけははっきり伝えたい。
20代までにやると決めたことを一つやりぬいてみろ
ということである。テーマはスポーツでも趣味でも仕事でも何でも良い。何か一つでもNo.1を目指してがむしゃらになってやり、ある域に到達すると、必ず今まで見えなかった世界が見えてくる(見えてこないならばそれはまだまだ止めるには早い)。そしてこの経験があなたの未来の可能性を広げることになる。
これは最近多くの若者から相談を受けると必ず言いたくなるメッセージである・・・いやこれはホントに心からのアドバイスです。
Written by 津嶋 辰郎 on 2013-12-11

原体験、価値観、そして、ビジョン

 仲間と月に2回英語の勉強会をしている。自分が参加してもう1年ちょっとになるが、ほど良いゆるさで続いている。今日は3回目のEnglish Boot Campの場所決めプレゼン大会、もちろん英語でプレゼンだ。特に厳しい縛りも無いのに5人のプレゼンターが集まった。2つに候補が絞られたが、有機野菜の農業体験とその場で電話して確認した秋野菜リストというキラーコンテンツで勝者が決まった。そのまま自然と役割分担に移り、どんどん前に進んでいく。レベルも仕事もバラバラなメンバー、英語に対する到達目標もモチベーションもそれぞれだが、上手くチームとして回っている。これはきっと価値観が合う仲間という事なのだと思う。
 もう一つ、こちらは年に1回で続けている会がある。こちらはもう少し似通った背景を持つメンバーの集まりだが、同じメンターから指導を受けたという共通項がある。いわゆる同じ原体験を共有した仲間だ。個性が強く、ある意味価値観はバラバラだが、だからこそ刺激が得られる。
 どちらも自立した人が集まる自律した組織?!だ。
 価値観が合う仲間が自然と集まる。
 同じ原体験を共有する仲間が集う。
 組織で何かを成そうとする時、価値観、原体験は大事な要素になる。少し乱暴かもしれないが、「価値観を揃えるために共通の原体験を踏ませる」というのが組織で行われているマインドセット系の研修のセオリーだと思う。所がこれがなかなか難しい。一朝一夕には行かない。セオリーが掴めているのに、簡単には行かない。理由は簡単、それぞれが既に異なる原体験を積み重ね独自の価値観を持っているからだ。これを塗りつぶすだけの体験を後から積むのには無理がある。幼少の頃からやり直すか、強烈な体験をするかしかないだろう。
 だから、「価値観を合せるのではなく、お互いの価値観を認め合う」というセオリーが必要になってくる。これだけでも実際にやるのは大変だが、出来たとしても合わせるだけでは行き先が決まらない。ここで必要になってくるのがビジョン、行き先だ。
 仲間を募ってから行き先を決めるか?
 行き先を示して仲間を集めるか?
 という議論がある。
 いずれにせよ、人を巻込み何かを成そうとする人に必要なのはビジョンだ。
 価値観の重なりが少ない程、より具体的なビジョンが必要になる。これが人+ビジョンの式だ。足し算で示される以上、人(価値観の重なり度)だけでも意義あるビジョンだけでも効果はある。しかし、どちらも完璧にするのは難しい。だからこそ常に両方を意識する必要がある。
 そして、ビジョンともう一つ意識してコントロールできるのが、新たな原体験づくりだ。特に新しい組織でビジネスを起す時には効果的だ。何を今更と思うかもしれないが、原体験こそが暗黙知を生み、組織の土壌を耕す。
 原体験で耕し、ビジョンで行き先を示し、成果を積上げる事で共通の価値観が出来てくる。こうした原理原則を意識しながら進めば、組織は強くなる。
Written by 山田 竜也 on 2013-07-02

デザインに"教養"が不可欠な時代に

“デザイン”という言葉から想起される領域が益々広がっている。

かつては目に見える造型≒デザインという世界から、いまやエコデザイン、都市デザイン、そしてライフスタイルデザインと、もはやデザイン≒イノベーションであり、デザイナーという人間は多能工で万能なスーパーマンじゃないと成り立たない?! デザイナーに期待をかけるクライアントからは、そんな言葉が聞こえてきそうな状況になりつつある(そもそも一握りの一流という人にとってはむしろ無意識に実践してことではあるとは思うが)。そんな悲痛を先日の日本を代表するデザイン会社、GKインダストリアルデザインの元代表でもあり、日本デザイン振興会理事でもある田中一雄氏のお話から感じた。

メーカーの製品開発を担うエンジニアの世界も同様の状況である。既存製品の機能追加や性能向上などマイナーチェンジにおいては、メカ、エレ、ソフトなど一部の専門性があれば対応できていた。しかし、今各メーカーが必要としている新製品の開発やフルモデルチェンジをしようとすると専門性を越えた幅広い知識や経験が求められる。昔ながら技術的な知識に加えて、ユーザーニーズの把握するだけでなく、未来のライフスタイルを描き、形にできるだけの”教養”が必要になってきている。

今クリエイティブ人材は、時代の変曲点において非常に貴重な役割を期待されていることを改めて認識しなければならない。モノを創る力は、その経験がない人からすると非常にうらやましい能力であるだけでなく、想像すらできない世界だということを様々なメーカーの支援をする中でつくづく感じている。その期待に応えるためには、書物を通しての学びだけでなく、最先端にいる様々な分野の人と出会い、ディスカッションするために積極的に外にでていきましょう!

  同じ課題に向き合おうとしている仲間は世界中にたくさんいます。

  そしてそういう人達とは言葉少なくして、共感し合うことができるはずです。

  一流の人に触れる事は必ず学習を加速させてくれます。

Written by 津嶋 辰郎 on 2013-06-18

イノベーションを実現する二人の魔法使い

今回はイノベーションにまつわる少しファンタジーな例え話を書いてみたい。

イノベーティブな事業を実現した裏には、偉大なる二人の人物が存在している。

 本田技研工業:本田宗一郎、藤沢 武夫
 ソニー:盛田昭夫、井深大
 アップル:スティーブ・ジョブズ、スティーブ・ウォズニアック
 ヒューレットパッカード:ウィリアム・ヒューレット、デビット・パッカード
 フェイスブック:マーク・ザッカーバーグ、エドゥアルド・サベリン(これには異論があるかもしれないが・・・)

・・・などなど挙げていけば切りが無い。

私はこの偉大なる二人を、その現実離れしたように見える能力から”魔法使い”と呼んでいる。そして実際イノベーションと言える一大事業を興すことは、この偉大なる魔法使いがさらに奇跡をおこし続けなければならないほど容易ではない。

チャレンジの大きさによって魔力の大きさは大なり小なりあるが、新規事業という新たな事業の創造には間違いなくこの二人が必要である。

ではその二人の魔法使いにはどんな力が必要なのだろうか?単純化するとずばり、

 ①お金を引きつける魔力
 ②アイデアを具現化する魔力

である。この二つ言われてみれば極めて当たり前の事であるが、この双方を有しているベンチャー企業や企業内新規事業部隊は決して多くない。多くの場合がどちらか一方、時には双方欠落している。しかし、これはほとんど論理的に自覚することが難しい・・・つまり、第三者の主観によって評価されるからなおさら制御ができない力とも言える。だからこそ”魔法使い”である。

つまり、

規事業の成功の見極めは、二人の魔法使い捜しである

企業内新規事業であれば、

 お金を引きつける魔法使い → 社長
 アイデアを具現化する魔法使い → プロジェクトリーダー

であれば理想的である。そうでない組み合わせあっても、魔力を持った人物がいれば”権限の委譲”により成功の可能性は十分期待できる。

小規模のベンチャーであれば、一人のCEOがこなすことも可能かもしれない。ただ、この①②の双方の魔力を一人の人間がまかなうのは少し無理がある。つまり二人で役割分担することが理想だと考えている。

もしあなたのプロジェクトに魔法使いが見つからなかったら・・・その時は、魔法使いの到来を待つか、連れてくる。時には方針をピボットするか判断が必要かもしれない。

Written by 津嶋 辰郎 on 2013-03-26

過去を見て将来の不安を持っていないか?

先日、大学のOB会で面白い体験をしたので、ぜひ紹介したいと思います。

OB会には、企業でバリバリ働き仕事上の夢を語る人もいれば、もう引退までの日数を数えている人もいた。そして、夢いっぱい不安いっぱいの学生もいた。

OB会を組織してくれて、会をまとめ上げてくれた幹事さんはとても元気な学生だった。
最近の若い学生のことをもっと知りたいと思い、話掛けてみた。

話してみると、就活が不安だという。見るところ、非常にさわやかな印象で話をし、難しい研究テーマにもきちんと取り組んでいる様子。こちらからの質問に対しても自分の言葉ではっきりと答えてくるいかにも優秀な学生だ。もちろん優秀かどうかは、この短い時間では分からないにせよ、就活に求められる要件は十分に満たしている。

だのに、である。志望する自動車メーカーまたは重電メーカーへの就職が不安だという。エンジニアとして一流企業で開発をやりたいとのこと。
超一流ではないにせよ、名の通った大学の大学院まで出て、そのなかでも目立って優秀そうな学生が不安だったら、今後の日本はどうなるのだろうか、と心配と興味半分でその理由を聞いてみた。

すると、英語が苦手なので受かるかどうか不安だという。
それは不安だろう。誰でも試験に落ちたくはない。
だが、今から苦手意識のあるものを得意にすることも難しかろう、でも熱意があれば英語なんか何とかなると思い、どんなクルマを創りたいのか尋ねてみた。

すると、どんなクルマを自分が創れるか「想像がつかない」というのだ。今の自動車にはさまざまな機能があって、これから発展するイメージが湧かないという。正直、これには驚いた。本当に驚いた。

だって、仮にも開発者を志望しているにも関わらず、これ以上開発する余地がなさそうだと言っているのだから。

まるで、自分の存在を無視してくれと言わんばかりだ。ほとんど進歩しないと思っている製品の開発をするというのは、いったいどういうことなのだろう。
開発とは何か少しでも新しいものを創ることを指すのではなかったか…

さすがに大人としてのおせっかいで、私の本音をぶつけてみた。
オジサンの説教など聞きたくはないかもしれないが、いま伝えておかないと、きっと取り返しがつかなくなるのではないかというような勝手な勘違いかもしれないが。

「ちょっと待って。今日完璧な会社に入りたいというのはわかるけど、君は明日の人だよ。開発する余地がないと思っているようなモノを作っている出来上がった会社に入ってどうするの?」

「それって、自分が会社を育てるってことですか?そんなことできません。」

「誰もそんなことは言ってないよ。会社に入るってことは会社の一部になるってことだ。一緒に成長するって感じかな。最初は先輩に教えてもらうことも多いかもしれないけど、会社も先輩も伸びしろがある方が君も成長できると思うけど。自分が輝いて働ける年頃に、会社も輝くべきだと思うよ。何歳くらいのときに一番バリバリ働きたいの?」

「そうですね。確かに30代から40代前半に一番活躍するかもしれません。なるほど、そういう視点はありませんでした。」

さまざまな就活生向け情報が耳に入ってくると、近視眼的になるのも仕方がないのだろう。何せ、「情報」の性質上、過去のものであるからだ。エントリーシートの書き方、志望動機の答え方、ジョブローテーション制度とは何か、正しいリクルートスーツ…
情報を沢山入手すること自体は悪いことではないが、過去の出来事から未来がきちんと読み取れることの方が重要だ。


オジサンのお説教も少しは響いたのだろう。
彼は最後に「宇宙開発についてもう少し考えてみます。」と言ってくれた。

Written by 津田 真吾 on 2013-02-13