桜が散る頃に、改めて思う。

140331満開.jpg

 この写真はオフィスの前、日銀の隣の桜です。今年は個人的には桜の当り年でした。職場や家の周りでちょうど見頃に出会う機会が多かったし、天気にも恵まれました。年に一回、こうして季節を知らせてくれる自然に改めて感謝の念が湧きました。熱帯化してきている感のある日本ですが、四季の素晴らしさは残して行きたいですね。自然に対してどう取組むかは難しいですが。
 四月から年度が始まりバタバタしている間にGWが来て、これからの準備のために第一四半期の大半が過ぎてしまう。なぜ四月に足並み揃えてリセットするんだろう。ビジネス的にはデメリットも多いと感じますが、この桜の季節に新年度が始まり新たな仲間に出会えることの素敵さも捨てがたいものです。

 新しい世界に入る時、環境が大きく変わる時、至る所に自分が変わる、成長するきっかけがあります。不安や緊張、そして怠惰できっかけを取り逃がしてしまうのは、本当にもったいない事です。せっかくの季節がくれたリマインドを大切にしましょう。
 特にこの時期はいろいろな新しい出会いがあります。人との出会いは大きなきっかけです。全ての出会いを大切にしたいものです。

 一期一会

 一期は人が生まれてから死ぬまでの間、つまり人生そのもの。一会はその中での一つの出会い・会合。茶道の心得として、この出会いはもう二度と無いかもしれない、一瞬を大切に、誠意を尽くせという教えです。今の時代、SNSで簡単につながる事が出来ますが、その分最初の出会いを疎かにしてしまっていないでしょうか?相手の事を手帳に記録するだけでなく、きちんと頭に記憶することが大切です。

140414散る.jpg

 この写真は二週間後の同じ場所です。鮮烈な満開の桜から日常へと急速に記憶は薄れて行きます。一期一会の気持ちも徐々に忙しさの中に薄れて行きます。不安がなくなり緊張がほどけて仕事や生活に慣れるという事は良い事でもありますが、初心を忘れてしまうと、ただ何も考えずに日々を過ごす様になってしまいます。せっかくのきっかけが活かされないまま記憶の底に埋もれて行きます。

 せっかくのきっかけを行かせない原因は自分が置かれた環境・仕組みにあります。どんな環境・仕組みでも本人の意志が強ければ大丈夫という考え方もありますが、多くの人には難しい事です。環境・仕組みのせいにすると他責にしているようですが、個人の意識にばかり頼っていては何も変わりません。イノベーションを起すにはイノベーターが必要ですが、アーリーアダプター、更にアーリーマジョリティを巻込んで行くには環境・仕組みづくりも大切です。常に両面で考えて行きましょう。

 桜の散る頃に、改めて思います。
どうすれば初心を維持し続け、環境・仕組みを変えて行けるのか?
 シンプルな答えは、師や同志を持つ事です。一期一会でこの人と思ったら勝手に師や同志にしてしまいましょう。特別なものは必要ありません。もちろん契約関係も不要です。必要なのは定期的に会うことぐらいでしょうか。大切なのは単に趣味が同じとか居心地が良いとかだけでなく、お互いに切磋琢磨し合える関係を築く事です。
 師は一人に絞る必要はありません。同志の集まるコミュニティも出会いのきっかけやテーマ毎にいくつも出来るでしょう。

 その中には一緒にビジネスを進める仲間がいるかもしれません。特に新しいビジネスを立ち上げる歳には根っ子の価値観を共有出来るかが大切です。価値観を揃える必要はありません。むしろ多様な価値観を持った仲間がいろんな観点で考えた方が価値あるものを生み出せます。
 その上で、力を束ねるものが目指すべき北極星(在りたい姿、ビジョン)です。ここに共感できるかどうかがビジネスにおいて同志になれるかどうかの条件です。

 新しい季節、新しい出会い、きっかけを大切に一期一会で接する。
 そこで得た関係を維持して、師として自身の成長に繋げる。
 テーマを見つけ同志を見つけ切磋琢磨しあって新しい価値を生み出す。
 季節がくれたきっかけを活かして成長して行きましょう。

Written by Tatsuya Yamada on 2014-04-14