STAYHOME後に描くコロナシナリオ

Written by 星野 雄一 on 2020-05-28



日本全国の緊急事態宣言が解除されました。街に出て見ると、少しずつ外出する人も増えているようです。(以前よりは大幅に少ないですが)

 

STAY HOMEの期間、色々な気付きがありましたが、一番大きな気付きは創造性の低下です。特に外部刺激による創造性の減少はかなり早い段階から感じました。自宅や特定の場所にずっといると、外部からの刺激をほとんど受けない状態になります。自分自身の思考や身体の変化、身近な人や物事の微細な変化には気づきやすくなる一方、驚きや発見、セレンビリティといったことは大幅に減ります。ネット情報というのは基本的に自ら意図的に取る情報なので驚きはあまりないわけです。そのせいなのか、なかなかコラムも進みませんでした。(笑)

 

人の創造性は外部刺激によって生み出されるもの、自らの内側から出てくるものがあります。考えを深めるにも、アイデアを生み出すにもインプットは不可欠ですので、偏った環境下のイノベーティブな発想というのはなかなか難しさを感じます。

 

WFH(Work From Home)による効能は多くの方が体験したことで、おそらくこの流れは進んでいくでしょう。一方でイノベーションを起こすためにはオンラインが解決してくれる機能的ジョブだけに傾倒するのは危険だと感じます。イノベーターDNAで定義されている発見力の一つであるネットワーク力では、いわゆる人脈ではなく、普段のプライベートや仕事とは関係のない場や人に触れることから発見を得るためのネットワークを指しています。もちろんオンラインによって新規コミュニティの参加ハードルは下がっているかもしれませんが、想定外の発見に遭遇するにはリアルな場によるFace to faceの出会いも意識的に取り組むべきでしょう。


ウィズ/ポストコロナについて様々なシナリオも考えられていますが、一歩外に出て、外部刺激を受けた後に再考するシナリオはまた違った景色が見られるのはないでしょうか。そこにこそ、真の未来へのヒントが落ちているような気がしてなりません。

 

とは言え、COVID-19との共存世界はしばらく続くとは思われますので、経済はもちろん身体と心のバランスも含め、節度ある外出・ネットワークをしていきましょう。

共通体験は不安を乗り越える、イノベーションの好機!

Written by 山田 竜也 on 2020-05-22

体験してみて初めてわかる事

ようやく私の周りでも小学校のオンライン朝の会がスタートしました。早期に進めていた所からは2ヶ月近く遅れてしまいましたが、機会を逃さずに実施出来たことは成果だと思います。実施に至るまで、周囲の親と作戦を練ったり、学校に相談したりとステップを踏む中で、オンラインで実施する事への漠然とした不安感がある事に気がつきました。

 

 軽々しく試せない、公式にはアナウンス出来ない、参加出来なかった子どもの気持ちはどうするんだ、そもそも学校には設備が無い、・・・

 

やらない方向への意見が山の様に出ていたのに、
いざ実施してみると、

 

 子どもたちの笑顔が見れて嬉しい、先生が一番はしゃいでいた、皆んなの顔が見れて嬉しかった、授業までは出来なくても生活のリズムが出来て嬉しい、・・・

 

とポジティブな意見のオンパレードでした。
空気感を共有出来ないのは少し物足りないですが、一つの画面で全員の顔を正面から見られるのは、オンラインならではのメリットではと、良い面も実感出来ました。

 

選択肢を選べる状態でも選択されない

この数ヶ月でテクノロジーが急に進歩した訳では無いですし、通信インフラが整った訳でもありません。選択肢は既に用意されていたのに、やらなかっただけなのです。様々な選択肢があったとしても、我々は、ついつい、いつもの選択肢を選んでしまいます。

『現状にそれほど不満がなくて、新しいやり方の魅力を実感できなければ、不安を乗り越え、習慣を断ち切ってまで、新しい事には挑戦しない』という事は、素直な感情として理解できます。

だからこそ、色々な障害を乗り越えて、まずは、皆で体験できた事が、今後も続く変化の”きっかけ”になることを期待しています。

仮に第二波が来たとしても、『あの時の、あれを、もう一度やろう!』と今までは使わなかったオプションが、多少は馴染みのある手段に変わる事で、より多くの想定外に対応できる様になりますし、新たな手段の良い面が実感されれば、普段から効果的に使う、よりハイブリッドな授業も生まれてくるかもしれません。

 

 イノベーション = 発明 x 普及

 

イノベーションは『発明 x 普及』と定義出来ます。発明は新しい製品・サービスを作り出し、選択肢を提供します。普及はその選択肢が人々の間に広まっていき、それが社会全体に広がり、世界がアップデートされる変化です。

発明の活動と普及の変化はそれぞれ独自に進んでいます。もちろん、明確な目的を持って発明に取り組んでいる場合もありますが、そこで意図した目的とは違う目的や用途で普及が起こる事もあります。頭痛薬として発売されたコカコーラが清涼飲料水として普及していった様に、発明家の意図とは違う所で普及が進む例は意外と多いのでは無いでしょうか。

 

commons.wikimedia.org

この発明の普及のきっかけは、『いつもは水で割っていた頭痛薬コカコーラの原液を、たまたま水を切らしていたので、炭酸水で割ったら美味しかった』という体験からでした。ですが、こうした体験はなかなか意図しては出来ません。薄々思っていたとしても、選択肢に合ったとしても、薬は水で薄めるものという固定観念に凝り固まっていては実施に移されないでしょう。

 

強制的な共通体験は不安を乗り越えさせる

 

イノベーションのDNAの著者の一人、ハルグレガーセン氏は、イノベーションを生み出すための問いとして、『もし、___が出来なくなったとしたら、我々は何をすれば良いだろうか?』というものを挙げています。

コロナは多くの人に様々な制限を与えました。この事自体は多くの辛く残念な状況を生み出してしまいましたが、この体験を全員がしたことは、通常だったら、誰もが考えもしない、考えたくも無い問いに真摯に向き合わざるを得ない状況を生みました。

 

 我々は強制的に『人と距離を取りながら、様々な仕事や生活をしなければならない状況』を体験させられてしまいました。

 

オンラインでの会議、在宅勤務の社員の管理、オンラインでのホームルーム、不安に思っていた試みをやらざる得なくなった状況は、多くのイノベーションを生み出すきっかけを生み出すかもしれません。

『あの時から一気に広まって、今じゃ当たり前になった。今更もう、手放せないよね』と、なん年後かには話しているかもしれません。

世界が元に戻らずに、一歩でも進歩することを願います。

「イノベーティブ」な5つ誤解

Written by 津田 真吾 on 2020-05-14

今年1月に亡くなったクレイトン・クリステンセンの偉業を称えて、「クレイトン・クリステンセン賞」なるものができた。「破壊的イノベーション」の概念を打ち出したクリステンセン同様、イノベーションに関する優秀な論文を表彰するものだ。

早速第1回目の受賞が発表され、受賞したゲイリー・ピサノ氏の“The Hard Truth About Innovative Cultures”(イノベーティブな組織の知りたくない真実)の指摘が鋭かったので紹介したい。

その背景として、イノベーションを起こそうとして、ポストイットやTシャツ、スニーカー、オープンなオフィスなど、表面的なところから文化を醸成しようとしたり、「それらしく」振舞おうとする組織が少なくないからだ。しかし、そこにはいくつもの落とし穴がある。ピサノ氏は5つの真実はそれぞれ厳しく、耳が痛い限りだし、実際に実行するのはもっと痛い。真理はいつも反直感的で、実行しにくい。だが確実にイノベーティブな組織づくりに向かうので、ぜひ意識していきたい点ばかりだ。

 

1.失敗には寛容だが、無能力には厳格

革新的なチャレンジを次々と行うには、失敗は不可避だが、能力が求められる。すべてが成功するとは限らないが、後ろ向きな活動やありきたりのチャレンジを許容していてはイノベーティブな価値観は醸成されない。
  
 

2.実験に意欲的だが、型がある

新しい取り組みには多くの不確実性があり、実験は欠かすことができない。だが実験を行うことと、やみくもに色々と試すことの間には明確な違いがある。その違いは「仮説」と「思い込み」や「希望」を区別することであり、「未知」を一つ一つつぶしていくことである。
 
 

3.精神的安全性はあるが、ずけずけと遠慮がない

メンバーが精神的安全性を感じると、優れたアイデアが胸の奥にしまわれることがない。また、既定路線に健全な異論が挟まれることで革新的で機敏な組織が生まれる。だが精神的安全性の高い雰囲気をつくろうと、耳障りの良い言葉だけで会話が進む組織も少なくない。
 
 

4.コラボレーションはあるが個別に責任を持つ

イノベーションは複数の領域にまたがるため、様々なバックグランドの人たちが協業するのが望ましい。しかしチームで協業するとなると責任の所在があいまいになりがちだ。コンセンサスを重視して、丸まった無責任なアイデアを進めるよりも、それぞれの考えを明確に持つことで、尖ったアイデアが世に出るし、仮説の誤りも訂正しやすい。
  

5.フラットだが強力なリーダーシップ

フラットな組織というのは、リーダーが不在ということではない。リーダーが現場に深く関与するということだし、メンバー全員とコミュニケーションを取ることだ。多くのメンバーと深く関与し、コミュニケーションを取るなら、それは強いリーダーシップが必要だとも言える。ここで言うリーダーシップは年長だから、といった言い訳が不要なのは言うまでもない。

#StayHome 完全リモートワークから見えて来るもの

Written by 山田 竜也 on 2020-04-16

緊急事態宣言が発令され、4月7日~5月6日で外出自粛が要請された。オフィスはもちろん、コーワーキングスペースやカフェも閉まり、#StayHomeの掛け声の下、自宅での完全リモートワークが始まった。

 

これまで、リモートワークには、働き手の都合に配慮したポジティブなニュアンスがあった。家族を優先したスケジューリング、子供の送り迎えをして、居心地の良い自分のスペースでマイペースに仕事をし、クラウドサービスを利用して、プロジェクトメンバーとのコミュニケーションも支障なく進むと言った世界だ。

 

しかし、リモートワークという選択肢があるという状況から、#StayHome 自宅でリモートワークという選択肢しかない状況になってみると、想像と違っていたことが見えてきた。

 

「子供が静かにリビング学習する横で、自分も仕事に集中!」なんて事は幻想で、子供は外で遊べずにストレスが溜まる。学校からはたまに電話がかかってくるが、出された宿題をコツコツこなす子は、おそらく稀で、ほとんどは家でダラダラ過ごす。せめて、外に連れて行って気分転換させたいと思うが、いつもより混んでいる公園に連れて行くのは怖い。狭い家の中で家族のイライラが増していく。子供を学校に行かせるのは、勉強をさせるというより、安心安全に預かってもらえることに価値を感じていたと、親としての自分の本音も見えて来る。

 

エクストリームな状況は、これまでは、それほど気にしていなかったジョブを浮かび上がらせる。たまにリモートワークをする状況では、我慢してやり過ごしてきたり、何とか工夫してやりくりしてきた事が、それでは済まなくなる。リモートワークを推進するには、「家庭のオフィス化」が必要になるというシンプルな事実が浮かび上がってきた。それは通信環境を整えるというだけではなく、家でも(少なくともオフィスと同様に)仕事が捗る様にするという事だ。

 

オフィスのフリーアドレス化が進んだ時にも、交流を促進するという会社の意図もあった一方で、「声をかけられずに仕事に集中したい」という社員のジョブを解決するために、ヘッドフォンをかぶる姿が見られたりした。交流という付加的な価値より、作業が捗るという本質的な成果の方が優先されるのは必然かもしれない。働き方改革も自由な働き方を許容するという前提に、生産性を上げるという事があったはずだ。

 

改めてジョブの3種類の目的で考えれば、以下の様になる。先ずは仕事を捗らせたい、生産性が上げたいという機能的な目的があり、それが解決された上で、より気持ちよく働きたいという感情的な目的が出てきて、さらには、自慢できる環境で働きたいという社会的な目的が出てくる。

今回一気に「家庭のオフィス化」が進んだことで、機能的な目的の切実度が増しているのではないだろうか。これまで、「書斎が欲しい」というジョブは感情的、社会的なジョブで、あったらカッコいいなというものだった。これが機能的なジョブに変わると、「家でも仕事の生産性を上げたい」と変わる。

 

「自宅から出られず環境の変化を付けられない状況でもメリハリを付けたい」「家族と一緒のワサワサした環境でも仕事に集中したい」というジョブを解決したい、書斎を持っていない会社員のジョブはより切実になっている。

 

状況が変わると解決したいジョブが変わる。ジョブの重要度が増したり、気にする頻度が増えたり、現状の解決策への不満が吹き出してきたりする。
大きな環境の変化があった時には、改めてこれまでは気にも止めていなかった普通を見つめ直してみましょう。きっと新たなジョブの発見に繋がります。

コロナウイルスから見たイノベーション

Written by 津田 真吾 on 2020-04-01

このコロナウイルスは私たちの生活を激しく変えています。
「災害」と呼ぶこともできるかもしれません。日々、情報を追いかけていると、ウイルス学、感染症研究、公衆衛生、経済、政治、医療、危機管理など、さまざまな視点から、新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)の感染拡大と、人間社会への影響が語られています。

私も、「イノベーション」という視点からこの疫病について書いてみようと思ったのですが、書けることといえば1つくらいしか浮かびません。それは、

有事は解決すべき課題をはっきりさせる

書いてみると、これこそ不要不急なコメントだな~と。不要不急な外出を押さえていると、いかに私たちの日々の生活や経済が「不要不急なこと」で溢れているかを思い知らされるからです。平和で安定した時代に文化や芸術が発展するように、不要不急なことには意味があるし、人間らしさを彩っているのだなぁと改めて感じます。つまり「有事は解決すべき課題をはっきりさせる」とは言いつつ、それだけをやるべきとも、そうでないとも言えなくて、単なる面倒くさいコメントになってしまいました。



ここで終わるわけにいかないので、こういうときは、視点をひっくり返すしかありません。つまり、新型コロナウイルスに限らず、ウイルスの生態と生存戦略を理解することです。だからと言って、面倒くさくないとは言いませんが、コロナ情報ついでにぜひ読み頂ければと思います。

まず、幸いにも人類にとって、今回が初めてのパンデミックではありません。さらに、ウイルスが人類に完全勝利したことはありません。もし仮にウイルスがヒトを必ず征服し、全滅させることがあったとすれば、その時はウイルスにとっても死を意味するからです。ウイルスには知性はないけれど、宿主を殺さないほどには賢いのかもしれません。一方で数百万人を殺すほどの世界的な疫病になり得ることも歴史は示しています。今回の新型コロナウイルスも、当初は若者は罹りにくいとか、インフルエンザ程度の症状とか、致死率が低いとか、さまざまな情報があり、一体どのくらい危険な病気なのか不確かでした。ウイルスは人類全体にとっての脅威であることは確かではありますが、あなたやあなたの愛する人にとって具体的な脅威になるかどうかは不確かなのです。

次に、ウイルスは一種類ではありません。毎年やってくるインフルエンザウイルス、デング、HIV、HPV、等々知られているものだけでもかなりの数が存在します。ヒトに感染するコロナウイルス(CoV)は知られているだけで7種類も確認されています。HPVなど、ウイルスによって多くのがんも発生することが分かってきていて、その原因ウイルスも次々と特定されてきています。つまり、今回耐えれば済むというようなものではなく、いずれ、それがいつになるかは不確かですが、次のエピデミックやパンデミックはきっと来るのです。どのようなウイルスが襲ってくるか種類も分かっていません。地震や台風が発生しない地域があるのとは対照的に、自然災害と異なるのは発生しない地域や時期について、不確かさが多い点です。

ウイルスの優位性の一つが「見えない」ことです。最近よりもはるかに小さく、私たちは見えない敵と戦わなくてはいけません。接触でしか感染しないのか、飛沫感染するのか、空気中からも感染するのか、その現場を観察することはできず、実験や状況証拠から推定するしかありません。見えない敵と戦うと、人間はその存在そのものに疑問に持ちます。神の祟りや悪霊のものだと思ったり、生物兵器のような陰謀論を含め、複数の「解釈」の余地が生まれます。ウイルスではない幻想やデマとも戦う必要が出てきます。テクノロジーのない時代、人類は腕力と簡単な道具と「協力」によって巨大なマンモスを絶滅させました。自分たちよりもはるかに強く大きな相手を、完全に地上から殲滅させたのです。一方で存在が見えないほど小さく、簡単に水で流せるほど弱いウイルスは地上から消える様子はありません。

このように、ウイルスの危険性は、その存在と危機の不確かさ、が本質のように感じます。「不確か」というのは、「きっといる」「たぶんある」「ないことはない」という意味です。そして、ウイルスから見るとこれがきっと生存戦略なのだと思います。ゲリラ戦のように、「いつ攻撃するかわからない」「どこで攻撃するかわからない」「いないかもしれないし、いるかもしれない」「味方だと思っているあいつも敵かもしれない」と相手に思わせることが、はるかに強力な相手と戦うときの常套手段なのではないでしょうか?

ウイルスという不確かさの塊といかに戦うのか?

ここで戦い方としてビル・ゲーツのTEDトークが一つの参考になります。

『サピエンス全史』で有名なユヴァル・ノア・ハラリ氏の「戦い方」も大いに参考になります。

『サピエンス全史』のユヴァル・ノア・ハラリ氏、 “新型コロナウィルス”についてTIME誌に緊急寄稿!|Web河出

著作累計が2,000万部を突破した世界的歴史学者・哲学者のユヴァル・ノア・ハラリ氏は、2020年3月15日付アメリカTIME誌に「人類はコロナウイルスといかに闘うべきか――今こそグローバルな信頼と団結を(原題:In the Battle Against Coronavirus, Humanity Lacks Leadership)」と題した記事を寄稿しました。 新型コロナウイルスと対峙する上での示唆に富んだハラリ氏のメッセージを、氏の著作全てを訳した柴田裕之氏が新たに訳しおろし、ハラリ氏並びにTIME誌の了解を得て、緊急全文公開します! 現代における「知の巨人」が考える、”今、人類に本当に必要なこと”、”真の意味での新型コロナウィルスに対する勝利”とは何か。是非ご一読下さい。 ユヴァル・ノア・ハラリ 単行本 – 人文書 ユヴァル・ノア・ハラリ 2020.03.24 柴田裕之=訳 (歴史学者・哲学者。世界的ベストセラー『 ユヴァル・ノア・ハラリ=著 サピエンス全史』、『 ホモ・デウス』、『 21 Lessons 』著者) …

きっと、ウイルスとの戦いはもぐらたたきになることでしょう。ビル・ゲーツはTEDトークは2015年のものですし、SARS、MERSなどのアウトブレイクも不定期ではありながら、時折襲ってきました。

人類が文明の発展とともに導入してきた感染症対策のためのイノベーションには多くのものがあります。「浄水」「下水処理」「ゴミ処理」のようなインフラもあれば、「ワクチン」「治療薬」「診断薬」などのソリューション、さらには「マスク」「手洗い」といった予防的習慣などもありますし、WHO、CDCのような組織などもあります。しかし、今回のパンデミックが示しているのは、これまでのソリューションでは不十分だということです。これからの世界が待っているイノベーションには、以下のようなものが挙げられるのではないでしょうか?具体的な策や似たような考えを持っている方がいたら、ぜひアイデアを聞かせてください。

  • ウイルスの存在確率が可視化される技術
  • 情報の「不確かさ」が分かる技術
  • 不確実な複数の治療法のポートフォリオ管理するシステム
  • 医療従事者だけでも「確実に」保護される設備・防具

最後に、これらの長期的な解決策が登場するまでの短期的な戦い方としては、隔離やソーシャル・ディスタンスを取ることしかないかもしれません。次の宿主を見つけることのできなかったウイルスは死んでしまうので、仮に感染者を確実に隔離さえできれば、ウイルスはいずれ根絶できるからです。


短期的な戦い方についても、ビル・ゲーツのTEDトークは参考になります。
https://www.ted.com/talks/bill_gates_how_we_must_respond_to_the_coronavirus_pandemic

山中伸弥教授は、今回のウイルスを今のテクノロジーで制圧することは困難、私たちが拡散を防ぐ工夫を取る必要があると発表しています。経済的な損失は回復できるけれど、一度無くなった命は回復できないというメッセージは非常に明確だと思いました。

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

普通の病気は、患者さんや家族を苦しめます。しかし、新型コロナウイルスはより多くの人を苦しめています。1.感染した方、そのご家族2.エッセンシャルワーカーの方々。医療従事者、公共交通、物流、インフラ、小売り、窓口業務など、自らの感染リスクと、偏見や差別に耐えながら社会を支えて頂いている方々。( 提言) …