イノベーションの夜明け

日本にもイノベーションを生み出す土壌が整ってきた

私がINDEE Japanをスタートしようと思ったそもそもの理由は、この流れを感じたことからでした。

そんなのまだまだじゃない?!とおっしゃる方も多いかもしれません。
確かにアメリカや最近元気がある韓国などにくらべるとまだまだ結果が見えていないのは事実です。

しかし、実際は様々な分野のベンチャーから大手企業まで、水面下では確実に新たな動きが始まっています。我々も各地でイノベーションの胎動を感じているのです。

最近、イノベーションという言葉を至る所で目にするようになりました。
ある意味一般的な言葉になったかな?と感じると同時に、何に対しても使われる軽い言葉になってしまったと残念な気もしています。

その一方「イノベーションって何?」という問いに明快に答えることができる人が少ないというのも事実ではないでしょうか。
それはイノベーションとはそれを見る断面によって様々な形に見えるし、様々な解釈ができる非常に深い言葉だからです。

こうした理由でイノベーションという言葉は様々な学者が定義してきていますが、我々は「発明」と「普及」という二つの要素に分けて考えるのが最も分かりやすいと考えています。

 「発明」 × 「普及」

つまり、新しい価値を創造する「発明」という行為。そしてそれを多くの人に活用してもらって喜んでもらうという「普及」という行為。
その双方が掛け合わさって初めて成り立つのがイノベーションです。

一般的に「技術革新」と日本語化されることがありますが、この言葉からは発明的な要素を強く感じてしまいます。それだけでは不十分です。
いかにその価値を世の中に広めていくか、広めることができるかという点を抜きにして考えることはできません。

こう考えるとイノベーションとは人類の叡智によって生活を豊かにする行為であり、文明の構築そのものということができます。

しかし、すでにイノベーションが興った過去を振り返ればなんとなくそのプロセスが理解できたとしても、未来を見てそれを興そうと考え時、実は何をして良いやら分からない。
やるべき事を思いついたとしても何から手を着けたら良いか分からない。

つまり実践という領域ではまだまだ暗黙知の塊です

この本質を解明することができたら、もっともっと各地でイノベーションが興るようになる。
我々そして子供達の未来を切り開くヒントになるのは間違いないのではないか。
だから探究してみよう、考えてみよう。こうした思いが我々INDEE Japanのモチベーションの原点です。

このようにまだまだ分からないことだらけのイノベーションですが、新しい事を考えそれを世の中に浸透させていきたいという人々やプロジェクトの中で過ごしていけば、少しずつでも見えてくるはず。
そんな思いを馳せながら日々奮闘しています。

このブログは、イノベーションにまつわるテーマを中心に我々が日々考えていることや様々な出来事をお伝えしていきます。
これを通して何かみなさまのヒントになれば!という思いと、世界中のイノベーターの方々からも忌憚のない意見を伺いたいという思いで始めることにしました。

さあ、みんなでイノベーションの夜明けを迎えに行きましょう。


Written by Tatsuro Tsushima on 2012-05-25