イノベーションのジレンマ 《要約》

| コメント(0) | トラックバック(0)
「イノベーションのジレンマ」には「技術革新が巨大企業を滅ぼすとき」という副題がついている。

つまり、技術が大きく進展することで巨大企業の地位が危なくなるという現象を分析した結果を書いている。大きな企業ほど一般に技術革新に費やすことのできる資源も多く、大きな企業ほど安泰なはずなのに、なぜだろうか。

ハードディスクドライブや油圧掘削機の事例から、その理由を紐解く。

すると、当初考えられていたように、巨大な企業だから驕りがあって、怠けたのではないかという想像は見事に裏切られてしまう。実は大きな企業は、しっかりとした合理的な運営がされており、一見正しいことを行っていた。しかし、正しいことをきちんと行っていたからこそ、技術革新を興せなかったという。企業には5つの原則があるからだと、クリステンセンは説く。

原則1:企業は顧客と投資家に資源を依存している
要するに、お金を出してくれる人に会社は影響される。なので、実績のある既存事業に偏ってしまうのは当たり前。お客さんと株主を無視できる会社は、ほとんどないですよね?

原則2:小規模な市場では大企業の成長ニーズを解決できない
まだ可能性も小さく、成長過程にある市場を大企業は軽視する。1億円のマーケットがあれば、中小企業にとってはデカいが、大企業にとってみればゴミ。デカいビジネスになりそうなものに、人は投資しますよね?
 
原則3:存在しない市場は分析できない
文字通り。分析というのは過去のものしかできない。未来の市場は分析できないので、過去データがあるような古い事業に頼ってしまう。これまで毎年10億円あった市場と、もしかしたら20億円になるかもしれないが、今0円の市場は比べることができませんよね?しかも会社組織というのは分析が好き。

原則4:組織の能力は無能力の決定的要因になる
いわゆる成功体験。クルマをつくることが得意になればなるほど、機織り機をつくるのは苦手になる。あなたの部署でも例外的な仕事が来たら混乱するはずです。まるで経理部門に人事研修を頼むように、会社の能力は専門化されていく傾向にあります。

原則5:技術の供給は市場の需要と等しいとは限らない
これが、有名なイノジレのグラフ。言われれば当たり前だが、これ以上精度の高い腕時計を作ることができたとしても、皆が欲しがるとは思えない。もっと極端に言えば、イグ・ノーベル賞のように、技術的にはスゴイが、そんな技術必要??というような技術も山ほどありますね。

これらの原則を理解することで、ジレンマ脱却の道筋が見えてきます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.indee-jp.com/mt-tb.cgi/55

コメントする