共通体験は不安を乗り越える、イノベーションの好機!

Written by 山田 竜也 on 2020-05-22

体験してみて初めてわかる事

ようやく私の周りでも小学校のオンライン朝の会がスタートしました。早期に進めていた所からは2ヶ月近く遅れてしまいましたが、機会を逃さずに実施出来たことは成果だと思います。実施に至るまで、周囲の親と作戦を練ったり、学校に相談したりとステップを踏む中で、オンラインで実施する事への漠然とした不安感がある事に気がつきました。

 

 軽々しく試せない、公式にはアナウンス出来ない、参加出来なかった子どもの気持ちはどうするんだ、そもそも学校には設備が無い、・・・

 

やらない方向への意見が山の様に出ていたのに、
いざ実施してみると、

 

 子どもたちの笑顔が見れて嬉しい、先生が一番はしゃいでいた、皆んなの顔が見れて嬉しかった、授業までは出来なくても生活のリズムが出来て嬉しい、・・・

 

とポジティブな意見のオンパレードでした。
空気感を共有出来ないのは少し物足りないですが、一つの画面で全員の顔を正面から見られるのは、オンラインならではのメリットではと、良い面も実感出来ました。

 

選択肢を選べる状態でも選択されない

この数ヶ月でテクノロジーが急に進歩した訳では無いですし、通信インフラが整った訳でもありません。選択肢は既に用意されていたのに、やらなかっただけなのです。様々な選択肢があったとしても、我々は、ついつい、いつもの選択肢を選んでしまいます。

『現状にそれほど不満がなくて、新しいやり方の魅力を実感できなければ、不安を乗り越え、習慣を断ち切ってまで、新しい事には挑戦しない』という事は、素直な感情として理解できます。

だからこそ、色々な障害を乗り越えて、まずは、皆で体験できた事が、今後も続く変化の”きっかけ”になることを期待しています。

仮に第二波が来たとしても、『あの時の、あれを、もう一度やろう!』と今までは使わなかったオプションが、多少は馴染みのある手段に変わる事で、より多くの想定外に対応できる様になりますし、新たな手段の良い面が実感されれば、普段から効果的に使う、よりハイブリッドな授業も生まれてくるかもしれません。

 

 イノベーション = 発明 x 普及

 

イノベーションは『発明 x 普及』と定義出来ます。発明は新しい製品・サービスを作り出し、選択肢を提供します。普及はその選択肢が人々の間に広まっていき、それが社会全体に広がり、世界がアップデートされる変化です。

発明の活動と普及の変化はそれぞれ独自に進んでいます。もちろん、明確な目的を持って発明に取り組んでいる場合もありますが、そこで意図した目的とは違う目的や用途で普及が起こる事もあります。頭痛薬として発売されたコカコーラが清涼飲料水として普及していった様に、発明家の意図とは違う所で普及が進む例は意外と多いのでは無いでしょうか。

 

commons.wikimedia.org

この発明の普及のきっかけは、『いつもは水で割っていた頭痛薬コカコーラの原液を、たまたま水を切らしていたので、炭酸水で割ったら美味しかった』という体験からでした。ですが、こうした体験はなかなか意図しては出来ません。薄々思っていたとしても、選択肢に合ったとしても、薬は水で薄めるものという固定観念に凝り固まっていては実施に移されないでしょう。

 

強制的な共通体験は不安を乗り越えさせる

 

イノベーションのDNAの著者の一人、ハルグレガーセン氏は、イノベーションを生み出すための問いとして、『もし、___が出来なくなったとしたら、我々は何をすれば良いだろうか?』というものを挙げています。

コロナは多くの人に様々な制限を与えました。この事自体は多くの辛く残念な状況を生み出してしまいましたが、この体験を全員がしたことは、通常だったら、誰もが考えもしない、考えたくも無い問いに真摯に向き合わざるを得ない状況を生みました。

 

 我々は強制的に『人と距離を取りながら、様々な仕事や生活をしなければならない状況』を体験させられてしまいました。

 

オンラインでの会議、在宅勤務の社員の管理、オンラインでのホームルーム、不安に思っていた試みをやらざる得なくなった状況は、多くのイノベーションを生み出すきっかけを生み出すかもしれません。

『あの時から一気に広まって、今じゃ当たり前になった。今更もう、手放せないよね』と、なん年後かには話しているかもしれません。

世界が元に戻らずに、一歩でも進歩することを願います。