STAYHOME後に描くコロナシナリオ

Written by 星野 雄一 on 2020-05-28



日本全国の緊急事態宣言が解除されました。街に出て見ると、少しずつ外出する人も増えているようです。(以前よりは大幅に少ないですが)

 

STAY HOMEの期間、色々な気付きがありましたが、一番大きな気付きは創造性の低下です。特に外部刺激による創造性の減少はかなり早い段階から感じました。自宅や特定の場所にずっといると、外部からの刺激をほとんど受けない状態になります。自分自身の思考や身体の変化、身近な人や物事の微細な変化には気づきやすくなる一方、驚きや発見、セレンビリティといったことは大幅に減ります。ネット情報というのは基本的に自ら意図的に取る情報なので驚きはあまりないわけです。そのせいなのか、なかなかコラムも進みませんでした。(笑)

 

人の創造性は外部刺激によって生み出されるもの、自らの内側から出てくるものがあります。考えを深めるにも、アイデアを生み出すにもインプットは不可欠ですので、偏った環境下のイノベーティブな発想というのはなかなか難しさを感じます。

 

WFH(Work From Home)による効能は多くの方が体験したことで、おそらくこの流れは進んでいくでしょう。一方でイノベーションを起こすためにはオンラインが解決してくれる機能的ジョブだけに傾倒するのは危険だと感じます。イノベーターDNAで定義されている発見力の一つであるネットワーク力では、いわゆる人脈ではなく、普段のプライベートや仕事とは関係のない場や人に触れることから発見を得るためのネットワークを指しています。もちろんオンラインによって新規コミュニティの参加ハードルは下がっているかもしれませんが、想定外の発見に遭遇するにはリアルな場によるFace to faceの出会いも意識的に取り組むべきでしょう。


ウィズ/ポストコロナについて様々なシナリオも考えられていますが、一歩外に出て、外部刺激を受けた後に再考するシナリオはまた違った景色が見られるのはないでしょうか。そこにこそ、真の未来へのヒントが落ちているような気がしてなりません。

 

とは言え、COVID-19との共存世界はしばらく続くとは思われますので、経済はもちろん身体と心のバランスも含め、節度ある外出・ネットワークをしていきましょう。