止められない暴走が止まる時

Written by 星野 雄一 on 2020-02-28

コロナウイルス問題によって、世界中で混乱が起きています。
中国の一都市で発生したことがあっという間に世界中に広がり、健康面のみならず、金融・経済までも影響を及ぼしています。リーマンショックの時を思い出し、世界はつながっていると改めて感じる日々です。

マスクはもちろん様々な日用品は品不足となり、生活にも混乱をきたしています。東日本大震災直後のことを思い起こさずにいられません。そして小学生の子供を持つ親としては、急遽2週間の対応方法を決めるなど、なかなかな事態だなと感じています。

 

色々と混乱は起きていますが、個人的に気になることとして、「なぜ今このウイルス問題が起きたのか」、その意味について考えています。


株価は1年以上前から下落すると言われながら、なかなか下落しませんでした。しかし今回、大幅に下落しました。

 

自民党、安倍政権を問題視する声は前々からネット上を中心に上がっていましたが、選挙をすると自民党が勝つという状況も変わりませんでした。しかし今回、分かりやすく政治のリーダーシップ問題が露呈しました。世代問わず多くの国民に失望を与えてしまったのかもしれません。現在有力な野党もいないので、次回の選挙で与党が変わることはないかもしれませんが、少なくとも構成は大きく変わるのでしょう。

  

リモートワークも時差出勤も前々から謳われていましたが、古く大きい日本企業はスピード感を持って変われませんでした。しかし今回、それがあっという間に実行できました。もう、できない理由はないでしょう。

  

このように多くの人の中で違和感を感じていたこと、でも人間の力で変えることができなかったことが、自然の力でこうも即座に変わってしまったということ。

これを目の当たりにすると、ジレンマに陥っている様々なシステムが変わる転換であり、その抜け方を示されているようにも感じます。

 

・イノベーションのジレンマを起こしているが、なぜか延命している大企業
・環境破壊していることを分かりながら売り続けられる商品、買い続ける消費者
・年金破綻はわかっているのに、手を打たない日本

様々なことが臨界点を超えそうです。

 

超えた瞬間は、一見すると混乱であり、問題であるかもしれません。ただ、ジレンマからの脱却が出来つつある現在の状況を見ると、次のステージへの光ではないかと思わずにいられません。