NHKドラマ"メイドインジャパン"から感じた違和感

2月初旬にNHK土曜ドラマでテレビ60周年記念として放映された”メイドインジャパン”が身近な会話でも話題になっている。人数的な賛否のバランスという意味では、否に軍配が上がるように思えるが、そういう私も未だステレオタイプな”ものづくり神話”がメインメッセージになっている内容に、残念ながら共感することができなかった。

50代以上の日本人をターゲットにした20年前のドラマならまだしも、我々でも違和感を感じているなら、これからの未来の主役である20代にこの作品がどのように映ったか非常に気になるところである。

では何に違和感を感じたか?について考えてみたが、そもそもの作品の中の要所要所のやりとりがナンセンスであったため一言では言えないが、自分にとっての最大の違和感を表現すると

制作者が”ものづくり”の実体を正しく認識していない

という点にある気がしている。近年は、”日本の強さはものづくり”だとか”ものづくり立国日本”という感じでだれもがものづくりという言葉を使うようになった。しかし、私が感じる”ものづくり”という言葉は大きく異なる2つの意味で使われていると感じている。そのズレを模式的に図1に示してみた。この図は”ものづくり”を構成する要素である研究から生産までのプロセスを4つの箱で示している。

スクリーンショット 2013-02-28 11.31.03.pngまず第一にこの4つの箱の違いを明確に説明できる人が少ないように思う。特に開発と設計(量産設計)の境界は、製品特性によっても役割が曖昧であるため、実務者にとってもはっきり区別できない人も多いのではないか(話がややこしくなるので、今回はこの違いには深く触れない)。しかし、私はこの境界の曖昧さが高度成長期の製品開発を支えてきた”すり合わせ”を生み、日本の強さになったと考えている。そして逆に現在の多くのメーカーが課題を正確に捉えられず変われないでいる原因だと考えている(この点も次回以降に)。

話を元の論点に戻すと私の認識では、ものづくりという言葉から多くの人は、赤枠で示している設計から生産のエリアを連想していると考えている。つまり、このエリアはどういう製品を作るかを決定した後の大量にものを生産するプロセスを示す。まさに”ものを作る”作業であり、高度成長期には極めて重要なプロセスだったと言える。そしてこの力は現在に至っても日本は世界最強を維持しているのは間違いない。(ただこの領域こそが、中国が競争力を高めているのも事実である。)

一方、最近のニュースや新聞記事においてメーカーの課題として取り上げられるときの”ものづくり”は、私は青で示すこの4つの箱すべてを指していると感じている。つまり、基礎研究からそれを世の中の何にどうやって応用するかかという開発まで含む広義のものづくりである。このようにものづくりに研究と開発を加えると、そもそも自前主義を貫いてきた日本のメーカーの多くは歴史的にも得意としていない。特に研究領域において効率的な投資を行うためには、すべて企業内で完結するのは難しく、大学や研究機関とのコラボレーションや基礎技術を持つベンチャーの買収など先行的な投資が重要になってくる。

今、日本の多くのメーカーが直面している課題は、長期的な視野で何を研究しそれをどうやってビジネスにつなげていくか?という領域への取り組み方を抜本的に変えていく必要がある。

改めてメイドインジャパンの話題に戻ると、ドラマの中のキーワードが”ものづくり”であったために、この言葉から想起される領域の違いにより受け手の印象が大きく異なってしまう。日本が得意とした赤枠のものづくり領域は、未だ衰えていない。それは自信を持つことだと思う。しかし、外部環境の変化によってその領域で競争力を保てる”ビジネスカテゴリー”は徐々に先進国から、新興国にシフトしつつある。先進国において多くの雇用を生むためには、もっと長期的な取り組み(難易度の高いチャレンジ)に投資をしていかなければならないことをメディアももっともっと言語化して欲しい。そうでなければ間違いなく、特定のビジネスカテゴリーに属する多くの日本企業は一度沈まざるを得ない。

研究開発を伴う”ものづくり”を通したイノベーションには10年スパンの時間が必要だという事実を認めることが始めないと

Written by 津嶋 辰郎 on 2013-02-28

交渉とは交換、そのためには・・・

 先日、交渉術のセミナーに参加した。
 今回はテストセッションだったので全貌を体感する事はできなかったが、非常に上手く構成されており有意義なものだった。自分の中での一番の気付きは”交渉”というもののとらえ方が変わった事、ビジネスに必要な交渉の一端が見えた事だった。
 ”交渉”というと皆さんはどんな場面を思い浮かべるだろうか?
 私はかなり偏った見方をしていて、何らかの訴訟問題や価格交渉、旅行の行き先を決める等、勝ち負けのイメージが強かった。実際の場面ではWIN/WINや第三のクリエイティブなソリューションを出すことを意識しているつもりなのだが、”交渉”という言葉を聞くと勝ち負けというイメージが浮かんでしまう。
 でも、改めて考えてみると、”交渉”の一番の目的とは勝つことでは無く適切なディールを成立させる事である。その結果として、比較的自分に有利な所に落ち着いたり、そうでなかったりする。こう定義すると”交渉”というものに、より建設的に良い意味で楽しく取り組めるのではないかと思う。
 当り前じゃないかと思われるかもしれないが、こうした言葉のイメージによるとらえ方の誤解は侮れない。当たり前の様に間違った行動を拡めている可能性があるからだ。
 規事業を興すには、様々な場面で交渉が必要になる。アップルのiTunesでの成功もレーベルとの交渉が決裂していたら在りえなかっただろう。勝つ負けるではなく、事業を前に進める事に何が必要かを常に考える必要がある。
 短期的には利害が相反する事もあるが、世界の変化に対して着いて行かなければいずれは自分の首を絞める事になる。自分が望まない方向に向かっているとしても、その中で何を得て行くか、そして、与えて行くかが大切だ。
交換MH900237479.JPG
 交渉というものを交換ととらえると分かり易い。つまり、自分が交換できる何かを持たない限り交渉のテーブルには着けないのだ。交渉の前に先ずは手持ちのカードを眺めて見よう。しっかりと棚卸する事が大切だ。自分に取っては大したことないものが、相手にとっての切り札になる事があるからだ。ここのプロセスを怠ると、安易に降りるかダメもとの挑戦になりかねない。
 それは有形でも無形でも構わない。起業家であれば将来への思いが一番の交換材料になる。しかし、自分にやれそう感がなければ、まだテーブルに着くべきではないのかもしれない。企業にとっては自社を魅力的にする事が一番の交渉材料(交換材料)になる。先ずはそこから始めるべきだ。
 個人にとっても同様だ。
 今後、人材の流動性は高まり、働き方は多様化してくる、仕事人生も長くなるだろう。
 就活生のみならず、自身の魅力を高めると共に、健全な交渉術を身に付けて行きたい。
Written by 山田 竜也 on 2013-02-19

過去を見て将来の不安を持っていないか?

先日、大学のOB会で面白い体験をしたので、ぜひ紹介したいと思います。

OB会には、企業でバリバリ働き仕事上の夢を語る人もいれば、もう引退までの日数を数えている人もいた。そして、夢いっぱい不安いっぱいの学生もいた。

OB会を組織してくれて、会をまとめ上げてくれた幹事さんはとても元気な学生だった。
最近の若い学生のことをもっと知りたいと思い、話掛けてみた。

話してみると、就活が不安だという。見るところ、非常にさわやかな印象で話をし、難しい研究テーマにもきちんと取り組んでいる様子。こちらからの質問に対しても自分の言葉ではっきりと答えてくるいかにも優秀な学生だ。もちろん優秀かどうかは、この短い時間では分からないにせよ、就活に求められる要件は十分に満たしている。

だのに、である。志望する自動車メーカーまたは重電メーカーへの就職が不安だという。エンジニアとして一流企業で開発をやりたいとのこと。
超一流ではないにせよ、名の通った大学の大学院まで出て、そのなかでも目立って優秀そうな学生が不安だったら、今後の日本はどうなるのだろうか、と心配と興味半分でその理由を聞いてみた。

すると、英語が苦手なので受かるかどうか不安だという。
それは不安だろう。誰でも試験に落ちたくはない。
だが、今から苦手意識のあるものを得意にすることも難しかろう、でも熱意があれば英語なんか何とかなると思い、どんなクルマを創りたいのか尋ねてみた。

すると、どんなクルマを自分が創れるか「想像がつかない」というのだ。今の自動車にはさまざまな機能があって、これから発展するイメージが湧かないという。正直、これには驚いた。本当に驚いた。

だって、仮にも開発者を志望しているにも関わらず、これ以上開発する余地がなさそうだと言っているのだから。

まるで、自分の存在を無視してくれと言わんばかりだ。ほとんど進歩しないと思っている製品の開発をするというのは、いったいどういうことなのだろう。
開発とは何か少しでも新しいものを創ることを指すのではなかったか…

さすがに大人としてのおせっかいで、私の本音をぶつけてみた。
オジサンの説教など聞きたくはないかもしれないが、いま伝えておかないと、きっと取り返しがつかなくなるのではないかというような勝手な勘違いかもしれないが。

「ちょっと待って。今日完璧な会社に入りたいというのはわかるけど、君は明日の人だよ。開発する余地がないと思っているようなモノを作っている出来上がった会社に入ってどうするの?」

「それって、自分が会社を育てるってことですか?そんなことできません。」

「誰もそんなことは言ってないよ。会社に入るってことは会社の一部になるってことだ。一緒に成長するって感じかな。最初は先輩に教えてもらうことも多いかもしれないけど、会社も先輩も伸びしろがある方が君も成長できると思うけど。自分が輝いて働ける年頃に、会社も輝くべきだと思うよ。何歳くらいのときに一番バリバリ働きたいの?」

「そうですね。確かに30代から40代前半に一番活躍するかもしれません。なるほど、そういう視点はありませんでした。」

さまざまな就活生向け情報が耳に入ってくると、近視眼的になるのも仕方がないのだろう。何せ、「情報」の性質上、過去のものであるからだ。エントリーシートの書き方、志望動機の答え方、ジョブローテーション制度とは何か、正しいリクルートスーツ…
情報を沢山入手すること自体は悪いことではないが、過去の出来事から未来がきちんと読み取れることの方が重要だ。


オジサンのお説教も少しは響いたのだろう。
彼は最後に「宇宙開発についてもう少し考えてみます。」と言ってくれた。

Written by 津田 真吾 on 2013-02-13

新規事業を楽しもう!


 新規事業をやらねば!という声は良く聞くが、やりたい!という声は意外と少ない。

 とても残念な事だ。
 新しい事に取り組む事は本来は楽しいはずなのに、いろんな制約が楽しさを台無しにしてしまっている。もちろん一個人に取っては、新しい取り組みより今の仕事を極める事に関心がある場合もあるが、様々な人がいる企業においては、新規事業開発は日の当たるものであって欲しい。つまり、企業としては新規事業向きの人材をアサインし良い意味で注目が集まる様な工夫が必要である。
 新規事業開発を楽しもう!と言うと語弊があるかもしれないが、”楽しむ”はクリエイティブな仕事をする上で重要な要素だ。もちろん真剣に取り組む必要はあるが、そもそも”楽しむ”=”不真面目”ではないはずだ。悲壮感満点では上手く行くものも行かない。楽しくやらなければ、アイデアも出ない。既存の思考の枠から抜け出すことは出来ない。
 きちんとテーマ(Why)を設定し、ゴール(What)を見据え、その上で、楽しく(How)取り組む。How to としての工夫をすることで、やらねば!という責任感とやりたい!という主体性を両立することができるはずだ。
 では、どうすればHow to の工夫をすることができるのか?いろいろ考えられるが、例えば、アイデアを出すことを阻害していることは何だろう?皆で議論していて、パッと何かが閃く、でも、ちょっと言えないな~と思う時の三大要因は以下である。
 ・正しくないかもしれない
 ・くだらないかもしれない
 ・情動的、感情的な思いつき付きって言われそう
 これらは皆、既存の枠組みからの逸脱してはいけないという所に端を発している。
 新しいことを考えようとしているのに、既存の枠組みで評価してしまっているのだ。
 これではアイデアは皆殺されてしまう。本当に必要なワイルドなアイデアこそが生き残れないというジレンマに陥ってしまう。
 このジレンマに陥らないように、思考を切り替えなければいけない。
 ・正しいかどうかの基準は変わっていく、新しい価値は既存の基準では評価できない。
  むしろ正しいと思われていることを変えていくことが新しい価値を生む。
 ・くだらないかどうかを今の価値観で判断してはいけない。
  こんなもの誰が喜ぶんだ?!という様なものからヒットが生まれる。
 ・全てのアイデアは思い付きから生まれる。不連続な解は論理的には求められない。
  情動的、感情的な思いつきがジャンプするパワーになる。
 こうした思考を維持できる環境を作っていく必要がある。
 よくあるブレストの時は批判しないようにしようというレベルではなく、全ての活動で枠を外していくのだ。そのためには、想像以上にチームに流れるコンテキストの醸成が大切だ。平たく言うと、真剣に雑談できる場づくりかもしれない。
 どれだけタレントを集めてもハーモニーを奏でられるかは、メンバーの意識による所が多い。「普段とは仕事のやり方を変えなければならない!」と頭ではわかっていても、実践出来てないケースが多すぎる。優秀な人ほど既存の枠組みの中の実績にしがみ付いてしまう。イノベーションのジレンマは巨大企業だけではなく、個人の中にも存在するのだ。

 だからといって、個人を責めて根性論で頑張らせても上手くはいかない。そう、アイデアが欲しかったら、根性で結果を捻り出すのではなく、普段とは違った考え方・行動をする事が大切だ。
今まで・・・
 成熟した既存事業のルールを順守し、長い年月をかけて醸成してきた価値観のもと、
 不安感を潰しながら進めていく。
これから・・・
 既存のルールで縛られずに、新しく共感した価値観のもと、
 皆が楽しく、不安感を友として進めていく。
 少し極端な表現かもしれないが、それぞれの進め方はこんなに違う。
 不安で当たり前、むしろ不安が少なかったら、新しさが不足していると思った方が良い。
 不安≒ワクワク感
 ワクワクしながら、新規事業を楽しもう!
Written by 山田 竜也 on 2013-01-28

玄人ウケする玄人

図1 発明の目的


日本の研究開発の集中度はOECD参加国の中で最も高く、GDPの3.2%を占めています。1その活発な研究開発成果である発明の多くは既存事業のために使われています。一般的に日本企業は諸外国と比べると小幅で着実な製品の改善改良が得意だという認識がされているように、3分の2は既存事業のために発明が行われているというデータもあります。2
それ自体はそれほど悪いことではありません。今やっている事業をさらに強化するための研究課題を見つけ、そして成果をあげていくことは正に日本のお家芸ですし、80年代までの自動車産業が成功した大きな要因はこれを実直に実行できたことにあります。

ですが、この実直に改善し続けることの弊害もあります。一見好ましいこの習性が必ずしも好ましくなく、足を引っ張るケースがあるということを発見したのが、ハーバード大のクリステンセン教授です。この現象を「イノベーションのジレンマ」と呼びました。
これは、一言で言うと、プロの仕事を突き詰めれば突き詰めるほど、玄人にしかウケなくなるということです。

『イノベーションのジレンマ』がここまで評価されている理由の一つは、一般に優秀な企業が行う妥当な判断がイノベーションを阻害していることを解明したことです。自社の得意な領域で確実な性能向上を繰り返すトップ企業が、そこまで性能の高くないが、価格は手ごろだという製品に市場を奪われる現象を「破壊的イノベーション」と呼び、世の中のリーダー企業に警鐘を鳴らしました。その時に示されたグラフを少し日本の製造業の立場から見直したものを紹介しましょう。

新しい技術やアイデアが登場すると、まず「オタク」と呼ばれるような人たちが使います。彼らは目も肥えていて、最新のものが大好きです。そして、忘れてはならないのは、作り手であるエンジニアも「オタク」なのです。例えば、私の周りのHDD開発者はHDDがまだまだ高価な時代にあっても、HDDの記憶容量だけでなく、性能などにもにこだわってましたし、クルマの開発者だと、自社のみならず競合製品の型式を記号で知っているのは常識レベルです。

やがて、技術の発展とともに、一般消費者にも受け入れられるようになります。
ここでも、ポイントは先ほど申し上げた「技術者もオタクである」という点です。製品の企画開発を行っている人は仮にオタクでなかったとしても、最新情報に日ごろから接しているため、目が肥えており、判断基準はオタクレベルになっています。「消費者目線」ということをどれだけ意識していたとしても、社内では「そんなことも知らないのか?」という白い眼で見られること間違いなしです。そんなプレッシャーに負けてどんどん製品の企画はオタク化してしまうようになります。

技術が進化すると、性能が劣るが一般大衆には十分な製品が現れ、さらには新興国の低所得者層にすら求めやすい製品が現れるようになってきます。

玄人ウケの構図

時計を例に考えてみると、

・ 一日に1分の誤差: BOPでも十分
・ 1カ月に1秒の誤差: 普通の人なら十分
・ 1年に1 秒の誤差: 精密に測る必要のある一部の科学者・エンジニアや、時計マニアが欲しい
・ 100年に1秒の誤差: 時計職人や天文学者
・ 1000万年に1秒の誤差: 先端研究機関の原器として

と、精度を上げることで、技術的には「良い」製品になる一方で、それだけの価値を求める人も減っていく様子がわかるでしょうか。
このような精度が出せるようなフラグシップモデルはブランド戦略として有益ですが、台数としてはあまり望めません。

社内で技術が高まると、より多くの人に売り、使ってもらいたいと思うのが人情です。ところが、作り手の技量が上がれば上がるほど、知らないうちに目はどんどん肥えていっているということです。マスを狙っていると思っていても徐々に気づかぬうちに、上位のユーザーが望むものに対する基準にズレていってしまいます。

もちろん、技術が普及するにつれてユーザーも目が肥えます。目が肥えていくスピードは、日々それを仕事にしている人たちのほうが、買うときにしか検討しない消費者と比べるとはるかに速いということも忘れてはいけません。

このようなレベルにまで組織の技量が高まってきたら、新たな課題解決にとりくみましょう。


1 OECD Science, Technology and Industry Outlook 2006

2「日米のイノベーション過程:日米発明者サーベイからの知見」長岡貞男著 独立行政法人経済産業研究所(2010.10)

Written by 津田 真吾 on 2013-01-22